アートプロデュース学科

2013年5月

  • LINEで送る

2013年5月9日  授業風景

芸術表現特講Ⅰ アサダワタルさん

0508特講_2
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  
今回、”日常編集家”って何だ?と思いながら講義を聞きはじめた学生も多かったはず。日常の中の、人の人間性を編み直していく活動をされているアサダさん。プライベートな空間である自宅を少しだけ外部に開放する”住み開き”のお話にも興味深々な学生たちでした。

 

以下、学生の感想より。
「”自分自身が気持ちよく、自分であることでの表現が社会につながる”という言葉がとても印象に残りました。自分にしかできない表現を改めてじっくり考えたいと思いました。」
「公共文化施設が数多く建てられる中、建物を新しく建てることだけでなく、今あるものを見直すことで生まれる”公共”があることの大切さを改めて感じました」
「活動そのものに価値を見出すのではなく、その活動で人と人のつながりが出来る事に価値が生まれるという意識は、私自身の課題でもあると思った。」

 

—————————–
◎研究室運営のホームページはこちら
  • LINEで送る

2013年5月1日  ニュース

毎日新聞(夕刊)に掲載されました!

 

2013年4月26日の毎日新聞(夕刊)に宮内龍太郎くん(本学科2012年度卒業)が掲載されました!
りゅうちゃん新聞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮内くんは4月26日にオープンした、グランフロント大阪の「ナレッジキャピタル」で働いています。

 

今後も様々な場所で活躍する卒業生をご紹介していきます!

 

—————————–
◎研究室運営のホームページはこちら
1 2 3 4

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。