アートプロデュース学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年5月23日  授業風景

プロに学ぶ~梱包開封、作品を掛ける実践

5/22(水)のアートプロデュース論4(通称:プロに学ぶ)では、

ヤマトロジスティクス株式会社京都美術品センターの方にお越しいただき

「梱包開封、作品を掛ける実践」を行いました。

 

2013ヤマト_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見ているだけではわからない!ということで、

みんなも一緒に巻き上げの練習です。

2013ヤマト_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各班にわかれて実践をしました。

先生から「何億円もする作品だと思って挑戦するように!」

と言われたのでみんな緊張しています。

2013ヤマト_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの班は大きな掛軸に挑戦しました!

2013ヤマト_4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掛軸の次は、額に入った作品に挑戦です。

2013ヤマト_6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決まった高さに掛けるための計算式を教わり、

みんなで協力しながら進めていきました。
2013ヤマト_5
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

展覧会ができるまでに必要なことをプロから学べる「アートプロデュース論4」は、

アートプロデュース(ASP)学科ならではの授業です!

 

今回学んだことを基礎にして、

次回は「作品を最高の形で見せるための実践」を行います。
———————————–

◎研究室運営のホームページはこちら

関連記事

<422423424425426>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。