キャラクターデザイン学科

2013年9月

  • LINEで送る

2013年9月18日  授業風景

学生ブログより:「20年目の夏 ~古賀先生ゼミ~」

台風が過ぎ去って、少し涼しくなりましたね。

嵐山は被害が大きかったようで心配ですが、何とか行楽シーズンには

元通りの綺麗な風景が見られるといいなあと思います。

 

こんにちは!副手の齊藤です。
今回も学科公式サイトから、学生ブログでのゼミ紹介シリーズをお送りします。
URL: http://cdkouhou.blog.fc2.com/

 

——————————————————–——————————————————–

 

 

こんにちは。
半クラッチに苦戦している松原です。
blog.jpg

9月。
高校生までは新学期が始まり憂鬱な毎日をおくるこの時期。
しかし!芸大生はまだ夏休みが続いている。

 

ある日から古賀ゼミの作品制作にもが入っております。
それは、僕がこの夏休みにちょっとしたチャレンジがきっかけです。

 

僕は人と話したり、何かするのがあんまり得意じゃない人間です。
そこにコンプレックスを持っていました。
だがしかし、大学に来て気づきました。
コミュニケーションは場数が大事ではないかと。

 

そう思い、この夏にヒッチハイクをしました!路上で親指あげて車を止めるアレです。
ぶっとんでる気もしますが、勢いも大事です。

京都から東京を目指して行いました。距離にして約500km以上。長い道のりです。

01_20130908022554126.jpg

7:00
京都南インター前到着。ヒッチハイク開始する。
すぐ車に乗れるだろう。意気揚々とボードを掲げる

02_201309080225574dd.jpg
11:00
一向に車が止まらない。
35℃の炎天下の中、路上で「東京方面」と書いたボードを掲げ続けていた。

教習車に対してもヒッチハイクをしてしまう始末。
これはダメだと思い一旦マックで休息。
作戦を立て直す。

 

そこで欠点に気がついた。
もし心優しいドライバーがいても「東京方面」と見たところで乗せようと思うのか・・・?
京都から東京まで行くドライバーなんて中々いない。
そう考えると高速前で「東京方面」と掲げるのはあまりにも無謀ではないかと。

 

 

 

12:00
京都から最寄りのサービスエリアである「大津」とだけ書いたボードを掲げた。

03_20130908022610e8f.jpg

 

12:15
15分後、見事大型トラックに乗せてもらえることに!!
あの3時間はなんだったのか。
その日、人生初の大型トラックに乗った。

その方には「京都」から「多賀」まで乗せてもらう。
30代の男性の方で、終始女性についての話を聞きました。

 

 

 

13:30
そして多賀サービスエリアからヒッチハイク。
この時点で家から持ってきた2リットルの水分は全部飲み切っていた。
京都で学習したことを活かし「名古屋方面」と書いて、掲げる。

04_20130908022611985.jpg

 

14:00

ヒッチハイクする後ろから声がかかり、
「途中名古屋通りますが乗っていきますか?」(うろ覚え)
その言葉に僕は涙が出そうでした。

そして車を見てびっくり。
低い車体、薄いボディ、滑らかな曲線
「ス、スポーツカーじゃん!!」(車種に詳しくない)
そして、人生初のスポーツカーに乗った。

 

中央自動車道を通る。
話を聞くと兵庫の実家から長野の塩尻に帰る途中だったとか。
ありがたく諏訪湖までのせていただくことに。

 

 

彼は今年から歯科医になり、この間まで大学生で研修医として働いていた。
自分とは全く違った大学の話を聞いて、自分の視野の狭さを感じる。
そして恋愛関係の話もしました。これは万国共通なのか・・・。

 

 

 

16:30
あっという間に諏訪湖
記念に一枚。(右が乗せてくれた方で、左の旅行者っぽいのが僕です。)
001_20130908022553749.jpg
良い方に恵まれました。
この国も捨てたもんじゃないなと思いました。

003_20130908022558ca8.jpg
そして、ハイウェイ温泉へ。
汗まみれだった体をここで洗い流しました。

 

 

 

17:00
気持ちもリフレッシュし再度ヒッチハイク!

 

 

17:30
・・・。
ここに来て失速。最寄りのサービスエリアを書いたボードもここでは通用しないのか。
日が沈み、焦り始める。

05_20130908022613cc1.jpg

 

 

18:00
旅行客や若い女性たちに指を刺される。
止まってエンジンをかけようとする車にノックして聞いたが、ダメだった。
だんだんとイライラが募る・・・

その時一台の車が止まる。
主婦「君、一人?」
僕  「ひ・・・一人ぼっちです!」
主婦「・・・じゃあ、乗せてあげましょう。」
ぼっちは余計であったが、本日3台目の車に乗せてもらえることになった。

乗せてもらった車はエコカーだった。
燃費も良く、エンジンが静かで話しやすいと主婦の方は笑顔で言った。

 

 

その方は、僕と同い年の息子がいて下宿先の荷物を片付けに行くという。
「下宿先はどこですか?」と聞いたところ「吉祥寺」とのこと・・・
吉祥寺・・・つまり、東京!!

 

その主婦の方は長年、家庭教師をしているという。
教える苦労、勉強についてを教えていただき、文字通り勉強になりました。
本当に素敵なお方で、是非もう一度会いたいなと思っています。

06_20130908022614a13.jpg

 

21:00
話をしていたらあっという間に東京へ。
長い一日でしたが、夜行バスでは味わえない、かけがえのない経験が出来たと思います。
そして東京でキャラデの友達に出会う。この日の話を延々と聞いてもらいました。

申し訳ない。

 

 

そんなわけで17時間を掛けて東京にいくことができました!
交通費は0円!皆さんもぜひ試してみてください!!

 

 

肝心のコミュニケーション力が上がったとは思いませんが、
人と接することによって自分にはない感性が身につくことが分かりました。

 

僕は作品を通じてそれが出来たら楽しいだろうなと思っています。
そのため現在も一生懸命アニメを制作しています。

長々とすみませんでした。夏休みは最後まで楽しむ!

 
以上、松原でした。

  • LINEで送る

2013年9月6日  授業風景

学生ブログより:「まだまだ夏休み! ~岩本先生ゼミ~」

9月に入りましたがまだまだ暑いですね。

着るものもまだしばらくは半袖だろうなあと思うのですが、一応暦の上では「9月」なので

何を着たらいいのかすごく迷います。

(夏っぽい色味だともうアウトかな?とか…)

 

季節の変わり目はいつもそうなのですが、なかなかちょうどいい恰好がないですね。

 

こんにちは!副手の齊藤です。
今回も学科公式サイトから、学生ブログでのゼミ紹介シリーズをお送りします。
URL: http://cdkouhou.blog.fc2.com/

 

——————————————————–——————————————————–

 

 

皆さん、こんにちは。
2回生キャラクターデザインの西村です!
猛暑が続きまして、やっと落ち着いた日差しになるかとおもいきやまだまだ暑い日が続きますね・・・。
さてさて、2回生になりもう半年が過ぎました。
前期の岩本ゼミは「音って面白い!」って感じでした!

 

外に出て色々な音に触れて、普段は聞き流している生活音や環境音に改めて気づきました。
自然に聞こえる音が、意識すると難しく感じました。

 

それから自分達で音を出し、作品に利用できるような音を録りました。
歌ったり喋ったりと、生活の中に溢れている音です。
食べ物の音は予想以上に難しくて、感じている物と全然違い驚きました。
その音を上手く録るのに苦労しました。違った音は表現が広がるので面白かったです!

 
面白かったといえばやっぱりアテレコルーム!色んな台詞を録りました!!
声を録る時に楽しかったのは、同じ台詞ですが人によって個性がでるところでした。
みんな違ってて凄く楽しかったです!
回数を重ねる事に磨きがかかって、音を追求するようになっていって・・・・
先生曰く「狂ってる・・・・!!!」
確かに岩本ゼミはぶっとんでると思う!でもそこが面白い!!

このゼミのいいところは、遊び心を忘れずに、楽しく音づくりできるところです。
今では普段の生活でも、この音はいいとか考えてしまって毒されているなと思います。
絵を描くだけじゃなく、視野を広げられる授業でした。

 

 

今は夏期休暇。
夏期の制作は、絵描きの町に行き猛暑の中、水彩で風景画を描きに行きました。
デジタルの作業も好きですが、やはり実際の場所で絵を描くのはまた違った醍醐味があって楽しかったです。

まだ絵が完成していないので、夏期休暇中に終わるようにしたいと思います!
後期も更に狂って頑張りましょー!!!
まだまだ暑い日が続きますが皆様お体にお気をつけてー!

 

 

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。