キャラクターデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年9月30日  授業風景

夜の遊園地からの脱出

 

Googleのストリートビューで全国の主要都市がすべて見られるようになったそうですね。

全国どこでも網羅されているとなると、今までよりさらに気軽に旅行に行ったような気分が味わえるんじゃないかなあと思います。

 

 

こんにちは!副手の齊藤です。

 

先週9月27日にゲームデザインのゼミ生がリアル脱出ゲームに参加してきました!

(※リアル脱出ゲーム…制限時間内にすべての謎を解き、舞台となる場所からの脱出を試みるゲーム。チーム戦の場合が多いようですが、今回は個人戦でした)

 

0927のコピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果としては全員脱出はできませんでした\(^o^)/

あと一歩で全ての謎が解ける!というところまで進んだ学生は半分くらいいましたが(みんなすごいです!)

私は結構初期の段階で惨敗でした…残念

 

 

謎解きがとにかく難しいと聞いていたのでだいぶ身構えて行ったのですが、ほんとに難しい!!

今回参加したのは「夜の遊園地からの脱出」というもので、閉園後のひらかたパークを舞台に行われたのですが、

ひらパー中を駆け巡って謎を解いていくのが想像していた以上に大変でした。

(謎も一筋縄では解けない難しさ…頭の柔らかさと回転の速さが要るなあと痛感)

 

でも夜の遊園地の独特の雰囲気や謎が一つ解けたときのスッキリ感などを味わい、とても楽しかったので、謎解きのリベンジを兼ねてまた参加してみたい!と思う面白いイベントでした。

 

 

ゲームデザインゼミということで、人の心理をうまく動かすこのリアル脱出ゲームの仕組みを体験し、考察することが目的でもあったのですが

実際にゲームに参加することで学生たちには得られたものがたくさんあると思います。

 

リアル脱出ゲームを分析し、ゼミでも一度学内を舞台にしたリアル脱出ゲーム的な企画を

作ってみよう!という動きもあるそうなので、今後が楽しみですね。

 

 

リアル脱出ゲーム HP:http://realdgame.jp/

 

 

関連記事

<337338339340341>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。