プロダクトデザイン学科

2014年4月

  • LINEで送る

2014年4月28日  イベント

オープンキャンパスへのご来場ありがとうございました!

4/27(日)京都はとても天気がよく、夏日の中たくさんの方にお越しいただきありがとうございました☆☆ (↓すごく賑わっていました!!) pd_140428a プロダクトデザイン学科のワークショップではスケッチ、名作イスの模型作り pd_140428e そして、学科専用工房のProduct FABへの見学ツアーとレーザー加工機で キーホルダー作りの3つを行いました。 pd_140428d さらに学科プレゼンバトルも行われました! pd_140428b また、学科Tシャツが新しくなり、今年はプロダクトデザイン学科のテーマカラーのオレンジです! (皆さん是非覚えて下さいね♪目立ちます!)   ちなみに↓の写真はプロダクトデザイン学科、環境デザイン学科のある松麟館のテラスです。 (環境デザイン学科のブログでも松麟館の綺麗なお花がアップされていますよ!必見!)   pd_140428f 6/22(日)、7/13(日)には一日体験入学があります。 実際に授業を受けることができるとても良い機会です! 通常のオープンキャンパスは7/26(土)、7/27(日)に実施します。 皆様のご来場をお待ちしております♪  学科事務 たどころ

  • LINEで送る

2014年4月18日  イベント

感性の森2014展 ~Forest Notes アイデアモデル展示会~ の報告とメイキング@FAB展

3月に東京にて開催されました「感性の森2014展 Forest Notesアイデアモデル展示会~」の学内展覧会が松麟館(M43)にて開催されています! このプロジェクトではJVCケンウッド・デザインさんとの産学連携により、有志の学生がアイデアモデルを制作しました。 本展示では東京で出展した作品だけでなく、制作に使った治具や型や材料なども展示を行っています。お近くにお立ち寄りの際は、ぜひ足を伸ばしてみてください。 オープニングパーティの様子 16日(水)19:30からオープニングパーティーも行われました 学生のプレゼン アイデアモデルを制作した学生が後輩にプレゼン中 先生の話 プロジェクトを担当された上林先生の話にも熱がこもっていました 「感性の森2014展 ~Forest Notes アイデアモデル展示会~ の報告とメイキング@FAB展」 期間:2014年4月16日(水)~2014年4月25日(金)※休み:土・日・祝 時間:9:00~17:30 場所:京都造形芸術大学 松麟館4F M43 ※授業や学科運営により、観覧出来ない場合がございます。 ※観覧をご希望の際はプロダクトデザイン学科研究室(M41)まで一声おかけください。   

  • LINEで送る

2014年4月10日  日常風景

新学期がスタートしました!

現在、プロダクトデザイン学科のある松麟館では桜が満開です! 2014年度を迎え、昨日から前期授業がはじまりました。新しい教室では、新しい授業や課題に向けて張り切っている学生の皆さんの姿が見られます。 4/5(土)には新入生歓迎会として「たこやきパーティ」が行われました。 新一回生と上回生がグループに分かれ、たこ焼きのデザインを競いながら親睦を深めました。 たこ焼きをつくっている様子 グループに分かれて、たこ焼きデザインを開始! たこ焼き 各グループからオリジナリティ溢れるたこ焼きが出来上がりました! 景品をかけたじゃんけん たこ焼きデザインの後には、先生方からの景品をかけたじゃんけん大会! これからも随時、賑やかな学生の皆さんの様子をお届けします!    

  • LINEで送る

2014年4月1日  ニュース

技官の百々先生が国際家具デザインコンペティション旭川2014で入賞しました

プロダクトデザイン学科の工房担当の技官であり、この春から非常勤講師として活躍いただく百々先生が国際家具デザインコンペティション旭川2014で、ブロンズリーフ賞に見事に入賞しました。このコンペは、家具のデザインコンペでは世界的に有名なコンペとなり、審査員もデザイナーとして著名な、川上元美さん、深澤直人さんなどが担当されていました。   

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。