こども芸術学科

2014年5月

  • LINEで送る

2014年5月17日  授業風景

学外ワークショップ演習 Aゼミ

 

こども芸術学科Aゼミでは、数年前から障がい者支援施設で毎月1回ワークショップを行っています。

 

IMG_0746

この写真は前回4月のワークショップです。

 

IMG_0736

学生が描いた下絵に色を塗っていきました。

 

IMG_0760

はじめての出会いで学生も利用者のみなさんも少し緊張気味でした。

 

 

IMG_0814

今月は、2回目のワークショップでした。

 

 

IMG_0829

オリジナルポンチョ作りです。

 

 

IMG_0798

アートが間に入ると支援者と利用者という関係性に変化が起こります。

 

IMG_0848

終了後、ふりかえりのミーティングを行いました。

 

こども芸術学科では、芸術を本格的に学びながら、

 

幼稚園教諭一種免許状、保育士資格、児童厚生一級指導員、社会福祉主事任用資格などの

 

対人援助のプロの免許、資格の取得を目指しています。

 

障がいのあるなしにかかわらず、すべての人々にアートの楽しさを感じてもらえたらいいなと、学生たちは試行錯誤しています。

 

 

こども芸術学科では、保育系の就職に加え、障がい者福祉の仕事に就く卒業生も増えています。

 

人にかかわる仕事に就くのに、どうして芸術をまなぶ必要があるのでしょうか。

 

京都造形芸術大学こども芸術学科では、創造性と人間味あふれた人材を育んでいます。

 

高校生の皆さん、そんな「こども芸術学科」の魅力を感じに来られませんか?

 

こども芸術学科では以下のように学科の説明会を行います。

 

ぜひお越しください。

 

「保育・幼児教育・初等教育系 進学相談会」(さんぽう主催)

日時:6月8日(日)13時〜16時

会場:大阪市(梅田)グランフロント大阪北館

(タワーB10階 ナレッジキャピタル カンファレンスルームB01)

大阪市北区大深町3-7

 

(浦田雅夫:教員/子ども家庭福祉・学校臨床)

  • LINEで送る

2014年5月16日  ニュース

卒業生がんばってます“ poRiff ”ってご存知ですか。

 

こども芸術学科1期生で昨年春に大学院を卒業した

薮内都さんから次のようなお知らせがきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アートエリアB1で開催中アパートメントワンワンワンの審査に通過して

poRiff入居が決まりました!うれしくて電話してしまいました!がんばります!

http://artarea-b1.jp/archive/2014/0706418.php

 

2号室に無事入居が完了しました!
2号室の壁にはパトリックさんという写真家の展示(下の写真)があります。
今日からから二週間です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_5034

IMG_9069

“ poRiff ”ってご存知ですか。

poRiffは精神障がいのあるひとが通う大阪・岸和田の地域活動センターかけはしでうまれました。

買い物袋の裁断から縫製まで、すべて手仕事で行っています。

これらの作業は全て障がいのある人たちで行い、商品の売り上げは彼らの工賃として還元されて

います。(poRiffホームページより抜粋)

 

福祉商品の概念を変えたい、という熱い想いを持ったpoRiff代表の みやこちゃんは現場主義。

プロダクトとしのクオリティーは可愛くて、素敵ですよ。

障害のある方はそれぞれできることが異なります。

すべての作業ができなくても分業制で出来ることをチームで一つの形に作り上げます。

1人1人の個性をうまく引き出し、自由に制作している感じが素敵なコラージュシートからは

さまざまなプロダクト商品がうまれています。

みやこちゃんは日本のあちこちに出掛けて、ショップ展開、ワークショップを行っています。

 

今回のショップでは商品を並べるだけでなく、障害のある方の楽しい会話やこだわりがみえる制作現場

が展開されるかもしれませんよ。ぜひ!ぜひ!覗いてみてください。

 

(梅田美代子:教員/イラストレーション、グラフィック)

 

 

 

「保育・幼児教育・初等教育系 進学相談会」(さんぽう主催)

日時:6月8日(日)13時〜16時

会場:大阪市(梅田)グランフロント大阪北館

(タワーB10階 ナレッジキャピタル カンファレンスルームB01)

大阪市北区大深町3-7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2014年5月13日  授業風景

はじまりました!お山の住人さんの物語

今年度もはじまりました。お山の住人さんの物語。

月曜日2限、3限はこども芸術研究IVの授業です。

授業テーマは「ファンタジーをつくる」です。

 

3回生のお兄さん、お姉さんと年長、年中、年少の子どもたちが学年に分かれて活動します。

いつも一緒のお母さんと離れて、今日は年長さんを対象に学生が計画した活動を行いました。

 

前年度のこども芸術研究IVから引き続いて、

こども芸術大学の子どもたちと学生とで瓜生山を舞台に物語を展開します。

物語の中心には、子どもたちもまだ会ったことがないお山の住人さんがいます。

 

さて、今日の活動の導入のはじまりです。

今日もお山の住人さんからお手紙がこども芸術大学のポストに届きました。

(実はこのポスト、昨年度の年長さんがつくりました。)

写真 1写真 4

お山の住人さんは昨年の夏から旅行に出掛けていて最近お山に帰って来たようです。

旅行先では「フレーム」に入ったきれいな絵をたくさん見てきました。

そして美しい瓜生山の景色をフレームに入れてみたいと思いました。

 

「フレームをつくって!」とお願いのお手紙がこども芸術大学のポストに入ってました。

そして宅配便でフレームの材料も届きました。

 

 

さて、早速お姉さん、お兄さんに道具の使い方を教えてもらいながらフレームが始まりました。

写真 2写真 3 のコピー

とても真剣に道具の説明に耳を傾ける年長さんたち。

「ノコギリは押すより引くときに力を入れるときれいに切れるよ。」

「一人では切りにくいけれどお友達が切る木を支えてあげると切りやすいよ。」とお兄さん。

 

さあ、みんなもやってみましょう。

ゴシ♪ゴシ♪ゴシ♪しっかり押さえていてね。

写真 3 のコピー 2写真 2 のコピー 2

こうして組み合わせるとフレームになるのよ。ここをトン♪トン♪トン♪ちょっと堅いな、でも頑張る!

写真 16写真 15

見て、見て私のフレーム、完成したよ。

写真写真 6

午後からは絵の具で色を塗ったり、木の実やビーズ、リボンなどでフレームを飾ります。

どれで飾ろうかな?う〜ん、迷うな。

写真 9

 

誰かが絵の具を塗りながら鼻歌を歌いはじめました。

それはなんと最近大人気の映画「アナと雪の女王」の主題歌でした。

そしていつの間にか一人の鼻歌が連鎖して全員で大合唱♪になりました。

子どもたちの歌声がアトリエ内に響き渡る、とても穏やかな時間になりました。

写真 10   写真 12

完成したフレームはお山の住人さんに見せてから、みなさんにお見せしますね。

もう少し楽しみに待っていてください。

 

こども芸術研究IVはこども芸術大学という場で、学生たちは子どもと関わり実践で学びます。

実施計画から準備、そして現場を体験します。

 

計画段階では導入はうまくいくだろうか、

子どもたちは話を聞いてくれるだろうか、

女の子はノコギリ、カナヅチ作業を楽しんでくれるだろうか

カナヅチやノコギリでケガはしないだろうか

何よりも楽しんでくれるだろうか…

次々に湧いてくる不安だらけでドキドキだったようです。

 

でも、子どもたちにはお姉さん、お兄さんの真剣さが伝わったようです。

堅い木を切るのも、小さな手でカナヅチで釘を打つのも一生懸命頑張ってくれました。

誰ひとり、途中で諦めないでフレームづくりをやり遂げました。

達成感があったのでしょうか、出来上がったフレームにいい顔を入れて見せてくれました。

お山の住人さんも喜んでくれるでしょうね。

物語は始まったばかりです。まだまだ続きます。

どんな展開になっていくか、これからもお楽しみに!!!!

写真 23 写真 25  写真 24

(梅田美代子:教員/イラストレーション、グラフィック)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2014年5月12日  ニュース

[こども芸術学科]6月8日(日)進学相談会のお知らせ

A(行成・浦田)ゼミ課題

A(行成・浦田)ゼミ課題ーテンセグリティー

こども芸術学科では,来る,6月8日(日)にグランフロント大阪北館[梅田会場]

にて行われる保育・幼児教育・初等教育系 進学相談会(さんぽう主催)

に参加します.

 

ぜひ,ご参加ください.

 

「保育・幼児教育・初等教育系 進学相談会」(さんぽう主催)

日時:6月8日(日)13時〜16時

会場:大阪市(梅田)グランフロント大阪北館

(タワーB10階 ナレッジキャピタル カンファレンスルームB01)

大阪市北区大深町3-7

 

☆こども芸術学科研究室☆

 

 

  • LINEで送る

2014年5月9日  ニュース

高島屋京都店で卒業生学芸員がギャラリートーク!

素晴らしいお天気に恵まれ、今日は自転車で展覧会に行ってきました。

目的地は、四条河原町にある高島屋京都店にある「武井武雄の世界」展です。

自転車置き場の近く、高瀬川の緑がキレイ

自転車置き場の近く、高瀬川の緑がキレイ

長野県岡谷市にあるイルフ童画館。そこに学芸員として勤めているのが、度々ブログで紹介している、こども芸術学科1期卒業生の齋藤正惠さんです!

 

イルフ童画館で現在開催中の酒井駒子展会場前にて、齋藤正恵さん。

イルフ童画館で現在開催中の「酒井駒子絵本原画展 ひみつのじかん」会場前にて、齋藤正恵さん。

展覧会初日に合わせて齋藤さんがギャラリートークをするということもあって、Bzemi3・4年次学生を連れての学外演習です。

 

武井武雄さんは大正から昭和にかけて活躍された方で、子どもの雑誌にイラストを掲載したり、イルフトイスという創作おもちゃを作ったり、銅版画や木版画の制作、刊本作品など、多くの仕事をされた方です。今年の6月に生誕120周年をむかえるそうです。

今回はイルフ童画館が収蔵する武井武雄作品の中から約400点が展示されていて見応え十分です。

 

スクリーンショット 2014-05-09 1.27.24

齋藤さんのギャラリートークは、満員御礼!作品が見えないほどの人だかりでした。

トークでは、イルフは武井武雄が命名した名前であり、古いを反対から読んだもので、意味も古いではなく新しい、としたこと。童謡や童話といった言葉はあるが、子どものための絵について、「童画」という言葉はまだなく、武井武雄が最初に使い始めたことなど、齋藤さんが展示会場を回りながら分かりやすく解説してくれました。

スクリーンショット 2014-05-09 1.28.04

ギャラリートークも終わってホッとする齋藤さんをつかまえ、即、学生質問コーナーに(笑)

武井武雄は版画の技術や本の装丁などにもかなりのこだわりを持って制作された方ですが、学生からの技術的な質問にも的確に応じていて感心しました。

聞いてみると、就職してから地元岡谷市の版画を勉強する会に飛び込んで、齋藤さん自らも制作しながら学んだそうです。大学を出てからが本当の勉強なのかも知れませんね。

 

学生からは、どうやって学芸員になったかという質問も。先輩の活躍に、ドキドキな1日だったのではないでしょうか。齋藤さん、一日お疲れさまでした。どうもありがとうございました!

1期卒業生で学芸員の先輩、齋藤さんを囲んで記念写真

1期卒業生で学芸員の先輩、齋藤さんを囲んで記念写真

IMG_7670

武井武雄の世界で撮影コーナーも。お茶目な学生たち笑

東京、横浜を巡回してきたこの展覧会は京都でまだ始まったばかり。

イルフ童画館でも1度にこれだけの量は見られません。

5月19日までやっていますのでお見逃しなく!

 

この人を知らなきゃ、日本の「こども芸術」は語れないと言いたいくらいです!!

イルフの名の通り、まったく古さを感じさせない武井武雄の作品群。

 

ぜひぜひ、高島屋京都店7階グランドホールまでお出かけ下さい!

 

(森本玄:教員/絵画)

 

※長野県岡谷市にあるイルフ童画館では、

「酒井駒子絵本原画展 ひみつのじかん」を開催中です。

齋藤さんが企画した展覧会です。こども芸術学科の学生が

 

尊敬する作家のお一人です。

6月16日までやっています。

「武井武雄×作家たち」展も同時開催中。

詳しくはイルフ童画館のHPをご覧下さい。

http://www.ilf.jp/exhibition/archives/000337.html

 

 

 

 

 

 

1 2 3

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。