こども芸術学科

2014年5月

  • LINEで送る

2014年5月2日  ニュース

卒業生がんばっています。

今年の春卒業した井上亜美さんから展覧会の案内メールが届きました。

彼女は4月から東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻に進学し、

楽しく頑張り続けているようです。

 

5月2日一夜限りの展覧会のようです。

急なご案内ですがお近くの方、興味のある方是非、足を運んでください。

 

井上亜美さんがこども芸術学科でどのように学びを深めてきたのかを文章に綴ってもらいました。

ブログ後半に掲載しています。ぜひ、読んでくださいね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お久しぶりです。お元気ですか。

 

こども芸術学科4期生の井上です。

 

早いもので、横浜に住んでから一ヶ月が経ちました。

大学院で制作するのにも少し慣れましたが、こ学のゼミ室がとても恋しいです。

早速ですが、この一ヶ月で制作した作品を急遽、展示することになりました。

一夜限りの展示の為、ご来場が難しいと思いますが、告知だけでもと思い、ご連絡しました。

 

以下が展覧会の詳細です。

 

1014467_1434248106823786_8475120238576181788_n

 

なんとかしナイト

東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻

藤幡正樹特別演習成果発表

 

「なんとかしナイト」は、東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻の修士1年による「映像」「メディア」そして「見ること」そのものの探求を行う展示です。

私たちが、3週間の特別演習を通して考えた、今後のメディアの可能性、探求すべき問題などを、みなさんと共有できる夜になればと思います。

一夜限りの展示です。なんとかお越し下さい。

 

 

会期:2014年5月2日(金) 17:00〜21:00

会場:東京芸術大学横浜校地 新港校舎
入場無料

主催:東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻

詳細は以下のホームページにて↓

http://www.fm.geidai.ac.jp/openstudio/2014_may/

 

 

ホームページのリンクからは学生生活などもご覧いただけます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■こども芸術学科での学び  :井上亜美

 

顔写真

 

あたらしい素材との出会い

2回生の前期に、100円ショップのものを分解し、新しいものにつくり変えるという課題がありました。100円ショップの品物はつくりが複雑でなく、キリやペンチで簡単に分解できるのが楽しかったので、課題が終わってからも100円ショップの商品を買い集めていました。目的を定めずに素材から受けたインスピレーションで架空の生物をつくったのが「いきもの」シリーズです。

1年1年2

また、2回生の後期にはキャンバスの切れ端を自由に用いて環境に関わるという課題がありました。私はキャンバスの切れ端が骨に見えたことをきっかけに、絶滅した海の生物の骨をつくり、大学のトイレに博物館のような空間を作り出しました。そのようにしてさまざまな素材を使用するうちに、だんだんと白くて透明な素材に惹かれるようになり、二つ目の「いきもの」シリーズを制作しました。真っ白な綿棒に瞬間接着剤を浸透させると透明になることや、洗顔ネットをライターであぶると縮んで固まること。見慣れた素材が目の前で変化していく面白さを、自分の指を通して感じていました。

写真 12-09-21 13 44 06

 

4年5 

 

 

いのちとの関わりから

身近な素材を分解し、再構成して生物を制作する方法を続けていたとき、先生からの「素材を見せたいのか、生物のかたちを見せたいのか、どっちなん?」という言葉をきっかけにして、自分が何を伝えたいのかを考えるようになりました。

そんな時に、夕日に照らされた蝉の抜け殻をみつけたとき、生命力を強く感じました。その体験をきっかけに制作したのが卒業制作の「いのちの在り処」です。

虫の死骸を分解して型を取り、寒天を流し込み、接着剤を垂らして抜け殻をつくり出す過程は、私にとっていのちと向き合う時間だったように思います。

素材との出会いのみで完結していたものづくりが、いつの間にか外の世界に触れることによって作品をつくるようになり、自分の感覚を伝えたいと思うようになりました。

 

4年4 4年2

感覚を伝えるために

卒業制作を終えても、なぜ自分が虫の死骸や抜け殻に惹かれ、いのちが宿っていると感じたのかについて考えています。また、そのことを伝えるために試すべき方法がたくさんあると感じています。進学先の大学院では、映像や写真、音などのさまざまなメディアをとおして実験を繰り返しながら、自分の伝えたいことをより直接的に伝えられる方法を探していきたいと思っています。

芸術に関わるとき、技法や歴史を学ぶこともとても大切だと思います。しかし、こども芸術学科での4年間は、自分が今どんな世界に生きているのか、何を感じて何を伝えようとしているのかというような、表現の根元の部分を耕す時間であったように思います。今生きている自分自身に向き合えた経験が、これから先も自分を支えてくれるのだと思います。

 

亜美さんから、これからこども芸術学科で学ぶみなさんへのメッセージです。

「自分に出来ることじゃなくて、自分に出来そうもないことに挑戦してほしい」1回生のときの先生の言葉です。4年間で数えきれない失敗をしましたが、未知のことに取り組む瞬間はとても自由でした。何かに熱中する中で、新しいものが生まれると信じています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

亜美ちゃん、すてきな文章をありがとうございます。

どの学生よりも早く登校して、誰よりも遅くまでゼミ室にいた亜美ちゃん。

休日もゼミ室でしたね。教室使用届のサインを何回したことやら。(笑)

とても勉強熱心で頑張っているのですが、いつも漂うような自然体でものごとに向き合い

地心館のCゼミの窓際で調理実習のように素材研究していた姿を思い出しますよ。

新しい環境でのこれからの作品がとても楽しみです。

亜美ちゃん!!また最新情報を知らせてください。

 

(梅田美代子:教員/イラストレーション、グラフィック)

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2014年5月1日  ニュース

よし、GWは展覧会に行こう!|こども×芸術

GWがはじまりました!

皆さんはもう計画を立てていますか?

僕は昨日まで、長野県茅野市の康耀堂美術館と岡谷市イルフ童画館に行って来ました。そんな訳で、今日はオススメスポットの紹介です。

 

★1「はじまりの部屋」展

この企画展は今年で2回目、本学附属の長野県茅野市にある康耀堂美術館で、2013年度卒業展から、子ども達と一緒に語りたい作品を選考基準にして選抜されています。

 

IMG_2486IMG_2494

 

人や自然、森、街をテーマにしたさまざまな手法の作品があります。

いきなり、目玉焼きの行進か!?

IMG_2496

じつはこれ、 こども芸術学科卒業生、森口安紀さんのインスタレーション作品です。

中に歩いて入ってゆくことも出来ます。

 

他にも、こども芸術学科からは井上亜美さん、関戸望君の作品が展示されています。

IMG_2498

井上亜美さんの繊細な作品

周りには白樺など高原の木々が、ゆったりとさわやかです。美術館で同時開催のコレクション展「花だより」では日本画の作家達が描いたさまざまな「満開の桜」が見られます。

丁度長野は今が桜の見頃でもあります。5/4.5には喜楽茶屋というイベントも!疲れた心と体をリフレッシュできますよ!

IMG_2527

康耀堂美術館からみた景色、桜が満開でキレイです!

 

▽詳しくは美術館HPをご確認下さい。

http://www.koyodo-museum.com/

 

▽また、「はじまりの部屋展」、油画コースブログでも紹介されています。

http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=21712

 

★2「酒井駒子絵本原画展 ひみつのじかん」

続いて、オススメ情報2! 康耀堂美術館から車で45分ほど。隣町の岡谷市にあるイルフ童画館では、あの、人気絵本作家の「酒井駒子絵本原画展 ひみつのじかん」が開催中です!

IMG_7605

企画したのは、こども芸術学科1期卒業生で、学芸員の齋藤正惠さんです。

只今、「生誕120年武井武雄の世界展 」も横浜高島屋で開催中です。

(連休明けから同展は京都高島屋にも巡回し、初日の5/8には齋藤さんのギャラリートークも!これはまた、改めて報告できたらと思います。)

こ学卒業生の齋藤さん、頑張ってますね!!

IMG_7601

酒井駒子さんの絵本原画を、初期から近作まで見ることができます。齋藤さんの特別解説付きで、しっかり鑑賞してきました!

 

同時開催の「武井武雄×作家たち」も見応えがありました。武井武雄は大正から昭和にかけて、「子どもの心にふれる絵」の創造をめざして活躍された方です。いわば、「こども芸術」の草分け的存在です。

IMG_7603

▽詳しくは美術館HPをご確認下さい。

http://www.ilf.jp

▽卒業生リレーメッセージ3で、齋藤さんのコメントも見られます。

http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?cat=4&author=13&page=3

 

茅野市、岡谷市の周りには温泉や縄文遺跡などもあり、リラックス出来ますよ〜

まだ予定の決まっていない方は、ふらっと長野に足を運んでみませんか?

 

(森本玄:教員/絵画)

 

 

 

1 2 3

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。