映画学科

2014年9月

  • LINEで送る

2014年9月16日  日常風景

フードコロシアムの屋台制作中です。

9月20日(土)・21日(日)の大瓜生山祭では毎年
学科対抗の飲食物の模擬店、「フードコロシアム」が開催されます。

 
今年の映画学科は、店長の上久保南海くんを中心としたメンバーにより
ハワイアンをイメージしたハンバーガーショップを出店します。

 
その名も『ERAVIAN BURGERS(エラビアン バーガーズ)』!

 
ハワイアンをイメージした屋台と、メニューを選べることから
「選ぶ+(ハワイ)アン」で「エラビアン」と名付けたとか。
 
メニューは3種類からお選びいただけます。(全て¥250の金券が必要です)
◎牛すじバーガー
◎チャーシューバーガー
◎ポテトフライ
 
牛かブタか・・・あなたはどちらを選びますか?
 
 
現在、屋台を鋭意制作中!
 
屋台制作2
本番までにはもっと「ハワイアンらしい」装飾が施されるようですよ。
そのあたりもぜひチェックしてみてくださいね。
屋台制作1
(左から、店長の上久保南海くんと、中谷天斗くんです)

  • LINEで送る

2014年9月15日  ニュース

城間典子(4回生)の卒制プロジェクトが新聞に掲載されました。

製作コース4回生の城間典子の卒業制作である「映画と場所」のプロジェクトの一環として、京都府綾部市志賀郷で森田惠子監督作品『小さな町の小さな映画館』の上映会を行います。

 

この記事が「高齢地域、映画で活気を 京都造形芸大生が綾部で上映会」と言う題で「京都新聞」に掲載されました。

 

0915-2

 

城間のこの卒制プロジェクトは近年激減する地方の映画上映の「場所」と映画そのものの特性を模索するもので、去年から何度も現地に足を運び、泊まり込み、地域の人々との関わりの中で上映会を行ってきました。

 

今回は地方の映画館のドキュメンタリーを撮り続けている森田恵子監督の『小さな町の小さな映画館』を上映します。

また10月には同監督をお招きして『旅する映写機』の上映も予定しています。

 

このプロジェクトが映画の未来への道のひとつになればと期待しています。

 

上映会については上記「京都新聞」ウェブ版、もしくは『小さな町の小さな映画館』のサイトをご覧下さい。

  • LINEで送る

2014年9月7日  ニュース

土居、水本らが劇団「VOGA」の「Vector」に出演

俳優コースの土居志央梨水本佳奈子松浦倫子望月卓哉らが関西を中心に活動する劇団「VOGA」の次回10月公演「Vector」に出演します。

 

0906-1

 

月日 10月17日(金)~20日(月) 17:30開場 18:30開演

場所 京都・石清水八幡宮野外特設舞台

詳しくは「Vector]のサイトをご覧下さい。

 

※ 尚、本公演にはスタッフとしても多くの映画学科の学生及び関係者が参加しいます。

 

上演会場は比較的近いのでぜひご覧下さい。

 

※ 俳優コースHPはコチラ

  • LINEで送る

2014年9月3日  ニュース

伊藤高志先生×ファッションブランド『C.E』 コラボ映像作品 公開

ファッションブランド「C.E」と本学科専任教授の伊藤高志先生のコラボ映像作品が、

9/2(火)から「C.E」の公式サイトより公開されています。

日本を代表する実験映像作家で名高い先生の作品を是非ご覧下さい。

 

『C.E』公式サイトへはこちらからどうぞ

 

【映画】伊藤高志 コラボ映像作品

  • LINEで送る

2014年9月2日  ニュース

中田美優(1回生)が「維新派」の『透視図』に出演

俳優コース1回生の 中田美優が劇団「維新派」の10月公演『透視図』に出演します。

 

03

 

月日 10月11日(土)~28日(火) 全16公演     19時開場 19時半開演

会場 大阪中之島GATEサウスピア

 

詳しくは『透視図』特設サイトをご覧下さい。

 

gataro___fry

 

お時間のある方はぜひご覧下さい。

 

尚「映画学科 俳優コース」のHPはコチラ

 

1 2

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。