映画学科

イベント

  • LINEで送る

2014年9月22日  イベント

水上竜士先生 作・演出『タクシードライバー』公演無事終了!

 

映画学科准教授の水上竜士先生 作・演出舞台『タクシードライバー』が
去る9/11~15、新宿・シアターブラッツで行われ、大盛況のもと幕を閉じました。

 

MANHOLE THEATER22

 

 

出演者には映画学科2期生の舞木ひと美、4期生の小木曽誠らも名を連ね、水上先生の右腕ともなった
音響プラン・オペレーターは、3期生の二宮清隆さんが務めました。
水上先生が「いつか卒業生たちと一緒に何かやりたい」とあたためていた構想が今夏、ようやく実現したのです。

 

多くの映画プロデューサーや映画監督、演劇関係者などが見に来てくださったというこの作品は
水上先生7年ぶりの新作で、多忙な授業の合間を縫い研究室でせっせと書かれていたものだそうです。

 

「今後も卒業生たちと手を取り、一緒にものづくりに励みたい」と意欲満々に語られていました。

 

<746747748749750>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

  • LINEで送る

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。