映画学科

イベント

  • LINEで送る

2014年9月29日  イベント

「シュニット国際短編映画祭 京都2014」に映画学科から3監督が参加。

日本・スイス国交樹立150周年を記念し、世界5大陸8ヶ国で同時開催される
ユニークな多国籍短編映画祭「shnit」が、日本初上陸!
世界中から厳選された日本未公開の最新ショート・フィルム100本以上が、
京都の立誠シネマに集結します。

 

シュニット国際短編映画祭1

 

10月5日(日)プログラムD(16:30〜18:00)では、
京都造形芸術大学の映画学科枠として、卒業生を含む3名の監督作品が上映されます。
 
○坂西未郁監督(映画学科4期生(2013年度卒業生)・映画監督コース)
『夜のこと』

○荻島健人監督(映画監督コース4回生)
『ニュートラル』

○吉村彩監督(映画監督コース4回生)
『椅子とかのこと』

 

監督も登壇します。お見逃しなく。
 
プログラムの詳細は公式サイトからご確認ください。
シュニット国際短編映画祭2

関連記事

<745746747748749>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。