アートプロデュース学科

2015年10月

  • LINEで送る

2015年10月7日  ニュース

埼玉県「世界の哲学・芸術文化アカデミー」

学科長の福のり子先生が、埼玉県立近代美術館にて9月27日に開催された対話型鑑賞セミナーに、講師として参加されました。

埼玉県では、「哲学・文学・絵画・彫刻等の一流の作品について、対話や身体表現を通して理解を進めさせたり、それぞれの分野の第一人者との交流を通して生徒の視野を広げさせたりする」ことを趣旨として、県内指定校に在籍する高校生を対象に「世界の哲学・芸術文化アカデミー」と題した様々なセミナーを行っています。

本セミナーはその一貫として「作品・ 他者とのコミュニケーション」をテーマに開催されました。

 

 

以下に受講した高校生の感想を紹介します。

 

「いままで絵画をみたときに、『この画家は何を伝えたかったんだろう』と、答えを探すことしか考えていませんでした。今日のセミナーを受けて、その答えは誰にもわからないし、自分なりの解釈で良いんだということがわかり、視野が広がった気がします」

 

「見ているこちらがどう見るかで、『ただの絵』で終わるか、もっと魅力のつまったものになるかが決まるんだなと思いました」

 

「自分の作った作品もACOPできるので、今後の作品づくりに活かしたい」

 

「ものについて分かった気になっている自分がとてもこわいと思いました。まだ何も知らないという楽しいことが身の回りにあふれているので、たくさんの未知を味わって楽しんでいきたいです」

 

「私は『正解しなきゃダメ』という雰囲気に満ちた授業が好きではありません。それに対して(……)他者と意見交換した今回の授業は『探求』しているみたいで、飽きることなく絵を見続けることができました」

 

 

セミナーの詳細はアート・コミュニケーション研究センターのHPからどうぞ。

 

 

 

 

asp

 

  • LINEで送る

2015年10月4日  ニュース

OpenStorage2015「みんなで探検ツアー」参加者募集のお知らせ

一般財団法人おおさか創造千島財団が主催する展覧会「OpenStorage 2015」にて、アートプロデュース学科と本学アートコミュニケーション研究センターが協力し、対話型の作品鑑賞プログラムを実施いたします。

 

会場となるMASK(MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA)は、大阪の港湾地域に位置する約1000㎡の工場・倉庫跡。本展示では、国際的に活躍する現代美術作家の大型作品を公開するほか、アーティストによる滞在制作やさまざまなパフォーマンスなど、多数の関連プログラムも展開されます。

 

本学監修の作品鑑賞プログラムでは、「ひらけ、アートのヒミツ基地!」と題し、本学科の学生がナビゲイターをつとめる「みんなで探検ツアー」の実施と、鑑賞ワークシート「みんなで探検ブック」の配布を行います。広大な倉庫を「探検」し、大迫力の大型作品たちを、じっくり対話しながら味わっていくプログラムとなっております。

 

お申し込みは、下記「お申し込み方法」のアドレスまでどうぞ。
みなさまのご参加、心よりお待ちしております。

 

 

「OpenStorage2015」

【会期】 2015/10/31(土) – 11/23(月祝)  金・土・日・祝日のみ開場
【開場】MASK(MEGA ART STORAGE KITAKGAYA) 大阪市住之江区北加賀屋5-4-48
【参加作家】 宇治野宗輝、金氏徹平、久保田弘成、名和晃平、やなぎみわ、ヤノベケンジ

 

 

「みんなで探検ツアー」

おおきな扉の向こうには、巨大なロボットや、ひとりでに音を出すマシーン、大変身するトレーラーなど、不思議な宝物がたくさん。このツアーでは、ガイドスタッフと一緒に、そんなヒミツ基地のような空間を探検してみます。みんなの素朴な「?」や「!」から出発して、お友達や家族とお話ししながら、アートのわくわくを目一杯楽しみましょう!

 

【日時】
各日 : 14:00~ / 15:00~ の2回開催。各回、約45分のツアーです
11 / 1(日)
11 / 3(火・祝)
11 / 7(土)
11 / 8(日)
11 / 21(土)
11 / 22(日)

 

【参加費】
無料

 

【対象】
小学生以上のこどもからおとなまで
・友人や家族と会話をしながら作品を楽しむツアーです。(小学生は保護者同伴)
・おとな1名でも参加できます。

 

【お申込み方法】
参加希望日時、人数、名前、ご連絡先を明記のうえ、
found@chishimatochi.info までお申し込みください。(当日受付可)

 

 

 

asp

  • LINEで送る

2015年10月2日  ニュース

「鑑賞者ボランティア」募集のご案内

本年度のACOP対話型鑑賞会に「鑑賞者ボランティア」として参加して下さる方を募集致しております。

詳細は、アート・コミュニケーション研究センターのHPをご覧ください。

==========================================

 

「鑑賞者ボランティア」の皆様には、基本的に計4 回本学にお越しいただくことをお願いしております。

最初は「説明会」、残り3 回は学生がナビゲイターとして行う作品鑑賞会です。すべての回に出席いただくことが条件です。

鑑賞会を、「グループ1」、「グループ2」、「グループ3」 の3つに分けております。ご都合の良い日時をお選び下さい。

 

 

■説明会(全グループ共通)

2015 年10 月24日(土) 13:00~15:00

今回ボランティアとしてご参加いただく皆様を対象に、「なぜ鑑賞者が大切なのか?なぜこのような授業が必要なのか?」を福のり子が説明させていただきます。

 

 

■作品鑑賞会(各グループ定員15 人)

グループ1

第1回鑑賞会  11月14日(土) 14:00~17:00

第2回鑑賞会  11月28日(土) 14:00~17:00
第3回鑑賞会  12月12日(土) 14:00~17:00

 

グループ2

第1回鑑賞会  11月15日(日) 9:30~12:30

第2回鑑賞会  11月29日(日) 9:30~12:30

第3回鑑賞会  12月13日(日) 9:30~12:30

 

グループ3
第1回鑑賞会  11月15日(日) 14:00~17:00

第2回鑑賞会  11月29日(日) 14:00~17:00

第3回鑑賞会  12月13日(日) 14:00~17:00

 

 

■応募方法

①ご氏名(ふりがな)

②ご住所(郵便番号から)

③ご所属

④確実に連絡のとれるご連絡先(メールアドレス等)

⑤参加希望グループ

⑥鑑賞会をお知りになったきっかけ(どこで、またはどなたから)

 

以上をご記入いただき、下記までお申し込みください。

 

———————————————–

京都造形芸術大学

アート・コミュニケーション研究センター

担当:岡崎大輔・中井美穂

 

〒606-8271

京都市左京区北白川瓜生山2-116 人間館3F

FAX: 075-791-9185

mail:info@acop.jp(岡崎・中井)

WEB: http://www.acop.jp/

 

※電話でのお申込みはおひかえください。

※FAXの場合は担当者名をご明記ください。

———————————————–

 

 

 

asp

1 2

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。