アートプロデュース学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年10月22日  授業風景

【特別講義レポート】『群衆論:スペクタクルとは何か』ゲスト:植島啓司先生

IMG_1575

10月21日(水)の特別講義は、本学空間演出デザイン学科の学科長であり、宗教人類学者の植島啓司先生に「群衆論:スペクタクルとは何か」というテーマでご講義いただきました。

 

これからのアートは、「もの」ではなく“一回きり”な出来事の「経験」が主流となるというお話は、アートプロデュース学科で普段学んでいることに繋がるところがあり、また、1992年のアルベールビル冬季オリンピックの開会式の映像をもとにした「群衆」についての話も、日常と照らし合わせて共感する部分が多々あったようで、学生たちにとって非常に興味を掻き立てられる内容の講義でした。

 

 

 

■以下、学生レポートから抜粋■

 

・「すべては一回きりの出来事なのだ」という言葉はとても共感できた。これからのARTはいつでも感じられる・体験できるものではなく、人間の根源、地球の根源、生命の根源に基づく“一瞬”を多数の人たちで別々の視点で見て、感じ、考えることが大事なのだと思った。そしてそれを共有することで、コミュニケーションが生まれ、そうして人と繋がっていくことが“人生が豊かになる”ということだと思う。

 

・物質的な幸福から、精神的な幸福へ移っているという話があり、とても共感した。私たちがASPで学ぶことは、自分“だけ”の経験から自分“たち”の経験にするためのさまざまなメソッドなのだと感じた。

 

・芸術も考えてみれば群衆でつくり完成させるものが多くなってきたと思う。時間と出来事の共有をすることにより爆発的な印象を与え、アートをアートたらしめるのかなと思った。一つのことを群衆でやるということは夏休みにやった「ねぶた」でも同じことが言える。多くの手が一つのものをつくることにより、コミュニケーションと「熱狂的な空間」がうまれ、人々の感情を揺さぶり、形のないものが残る。「一回きり」の行動であってもそこで起こったこと、人間関係は継続する。

 

IMG_1580

 

asp

 

関連記事

<173174175176177>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。