こども芸術学科

2016年5月

  • LINEで送る

2016年5月17日  イベント

子どもと一緒にお空に絵を描こう。

今年度はこども芸術大学土曜講座をこども芸術学科の学生が担当することになりました。

この講座は私が担当しているアート&チャイルドセンター主催で年5回、一般の親子対象の講座です。

昨年度まではこども芸術学科を卒業して、こども芸術大学で芸術保育士をしている宮崎あかねさん、小林織香さん(こども芸術学科の卒業生です。)がメインで担当してくださっていたのですが、今年度からはこども芸術学科の学生が実施スタッフとして、メインを担当することになりました。昨年度まで、サブアシストしてくれていた4回生の横山瑞華さん、3回生の北岸夏波さん、2回生の雁部あゆみさん、村上華奈子さん、に加えて、3回生の寒川恵理菜さん、2回生の戎里央さん、楊りのさん、小原奈津さん、米竹七羽さん、辻修也君が参加してくれることになり、4回生から2回生まで縦の繋がりができて、心強いこども芸術学科学生チ−ムで講座運営することになりました。そして情報デザイン学科の池川明日香さんも学科を超えての参加です。みなさん今年度1年間、よろしくお願いします。

 

さて、第1回目は【春風に気持をのせて:お空に絵を描こう】を行いました。計画は授業やプロジェクトで忙しい時間の合間を縫って、幾度か話し合いを行いました。まだ、保育実習に行っていない2回生は実習に行くまでに子どもとの関わりを持ちたいとの思いで、真剣です。実習経験のある4、3回生は、子どもと関わる楽しさと責任も経験していて、こちらも真剣です。授業と違って甘えは許されないことを意識してくれているようです。いい感じの緊張感で今年度の第1回目のスタートが切れそうです。前日の授業終了後に会場になる松麟館の屋上で実際の流れやそれぞれの動き、道具の配置などを確認するためのシミュレーションを行いました。綺麗な夕陽の応援を受けながら、日没間近まで行いました。

IMG_7751

 

5月14日(土)10:00〜14:00  【お空に絵を描こう】

お天気に恵まれて気持ちのいい青空が広がってました。

お空に子どもたちが思いっきり描く綺麗な青空のキャンバスが準備されているようです。

今日の学生の役割分担は北岸夏波さんがメインで進行をリードします。導入の絵本の読み語りは雁部あゆみさん、カメラ記録は小原奈津さん、子どもたちの対応や道具の出し入れなどのサブアシストを3回生の寒川恵理菜さん、2回生の戎里央さん、楊りのさん、辻修也君、お昼からの子どものあそび担当を2回生の村上華菜子さんが受け持っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

そして、当日の参加者は親子15組(親15名、子ども19名)が来てくれました。

今日のメイン担当の北岸夏波ちゃんはドキドキです。昨夜もお友達の家で言葉のかけ方や流れをシミュレーションをしていたそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

みんなで朝の挨拶をして、さあ!松麟館の屋上へ出発しまーす。

京都市内を一望できる松麟館の屋上からは広くて青いお空が広がっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エリックカールの絵本「ちいさなくも」を雁部さんが読み聞かせをしてくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

きっと一度は空の雲を見て「クジラだ!」とか「アイスクリームだ!」と見立てて遊んだことがありますよね。ワークショップの導入では、見立て遊びをしました。透明のプチプチの切れ端を用意して、お空に浮かべるものをいろいろなモノに見立てて描きます。「あゆみちゃん、これ何に見える?描いてみて。」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この子はドーナツを描いていますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お山、すいか、ペンギン、ドーナツ、アイスクリーム、鳥 、花…。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

いつもは白い紙に描くことが多い子どもたちには、10mの長ーいビニールに絵を描くのは子どもたちもはじめての体験だったようです。すごーい勢いで描きはじめましたが、 日差しが余りにも強いので、ちょっとだけ日陰の方にお引っ越し。こんな気遣いも必要ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

再開でーす。

子どもたちのエネルギーMAX!です。お母さんたちはちょっと暑さ疲れからか子どもの勢いには着いて来れてない感じですね。

IMG_0024_2

 

「ママの顔を描いてみて。」「えっ!そんなところに目があるの?」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_0013_2IMG_0020_2

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

戎さんの笑顔、素敵ですね。何を話していたのかな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

辻君も何を話しているのかな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お昼からは真夏のような日差しになりました。眩しいけど、きれいだな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

お昼を挟んで子どもたちが屋上に帰ってきました。今度は寝転がってお空を見ながら描いてみましょう。

「背中があつ〜い。」「眩しいよ〜。」と子どもたち。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ということで持ち上げてみました。すると、お陽さまからのご褒美がありました。

地面を見ると、上の絵と同じ絵がモノクロで映し出されていました。

どうして?と子どもたちは地面の絵を触りはじめました。不思議だね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今度は上だ!走って描いてみよう。いつもは白い紙に描くことが多い子どもたち。絵の具の白で描いても見えないのに、今日は白がしっかりと見えました。「白い色を認識したようですよ。」とお母さん。これも興味深い話ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA     OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA     OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

IMG_0044_2

ほ〜ら、青いお空にみんなの絵が浮かびましたよ。

IMG_0023_2

 

何を描いたのかな?みんなでお友だちの絵を見てみましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みんなでパチリ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日影がなくなって来たので、「教室へ移動しま〜す。」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

教室ではお母さんたちは今日の振り返りの時間です。その間、子どもたちは村上さんのリードで手あそびや絵本を読んでもらったりして遊びました。今日会ったばかりの子どもたち、学生たちは、みんなもうすっかりお友だちになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

第1回目のこども芸術大学土曜講座がおわりました。

そして、親子が帰った後に学生たちと今日の振り返りをしました。

IMG_0070_2

保育や子どものワークショップは計画をどれだけ綿密に立てていても、臨機応変な計画変更をしなければいけないことがあります。今日は思いのほか日差しが強くて、午後からの予定を前倒しにしたり、日差しが強かったお陰で影が生まれて、子どもたちの動きに添ったりと、子どもの様子や環境を見ながら行なわなければいけないことを実感したようです。でも、とても楽しかったし、しあわせな時間だったようです。リーダーシップをとってくれた3回生の北岸さんは「振り返りの途中、なんかほっとしたのか涙がでそうでした。」と言葉を漏らしました。責任感と緊張でいっぱいだったんだなと思いました。夏波ちゃん、お疲れさまでした。ありがとう。振り返りでは反省点もたくさんでていましたが、これから回を重ねていく毎に、新たな課題も増えてきます。それは、それぞれが成長しているからこそ、見えているのですよ。みんなの顔は保育者の顔になっていますよ。みんな学びの多い1日になったようです。次回も頑張りましょう。

みなさん、お疲れさまでした。

 

(教員:梅田美代子)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6/12(日)7/10(日) 一日体験入学オープンキャンパス開催!

志望コースが決まっている方も、迷っている方も、1日体験入学でイメージを膨らまそう!

 

6月12日と7月10日は、あなたも京都造形芸術大学の希望コースの授業を受けられるまたとないチャンスです。各コースの担当教員が自信を持って行う体験授業を午前・午後、最大2コースまで選んで受講できます。気になるコースを受け比べて、志望コースの選択はもちろん、受験生は入試対策の機会にしてください。

一日体験入学オープンキャンパス

開催日時:

6月12日(日)9:40〜16:30

7月10日(日)9:40〜16:30

開催場所:瓜生山キャンパス

 

 

詳しくはこちら(詳細は5月下旬に公開予定です)

http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2016年5月16日  ニュース

春のOCレモン作品展!

4月のオープンキャンパスでは本物のレモンを使った

ワークショップを行い自由に造形物を作ってもらいました。

 

今回はそのレモン作品をご紹介!

出来上がりは千差万別!レモンがこんなに変わるとは!

IMG_6485

IMG_6494

 

IMG_6500

 

IMG_6511

 

IMG_6513

 

IMG_6515

 

IMG_6517

 

IMG_6520

 

IMG_6521

 

IMG_6523

 

今回は10作品紹介しました。まだまだ続きますのでこうご期待!

大塚(副手)

 

 

  • LINEで送る

2016年5月13日  ニュース

新学科長の紹介

こども芸術学科新学科長になられた近江綾乃先生を紹介します!

 

IMG_7186 - コピー

 

近江先生はニューヨークマンハッタンのモンテッソーリスクールに

20年間勤務され、昨年12月に日本に戻られました。

 

今、先生の授業を受けている2年生は、先生が見せてくれた

モンテッソーリスクールのワークショップの動画に興味津々!

 

日本の幼児教育・保育・芸術の視点とはまた違う新たな視点が

加わり、こども芸術学科は進化し続けます!

 

 

大塚(副手)

 

 

 

 

  • LINEで送る

2016年5月13日  授業風景

夜空にみんなの花火をうちあげよう!

みなさん、こんにちは!

今日は保育所実習を目前に、第一回目の模擬保育を紹介します!

今回は4回生清水くん。いつもの笑顔とソフトな声で始まりました。

 

最初はお得意のピアノ演奏で子どもたち(学生さんは5歳児になりきりましたよ)と一 緒に「きらきらぼし」歌い、その後ポストカードを使ってクレパスで好きなように色をぬって・・・

IMG_6727

 

その上から「黒」のクレパスで全体をぬり・・・

爪楊枝でオリジナル花火を描くと・・・

IMG_6745

 

最初に塗ったカラフルな色が浮き上がり夜空にとっても素敵な花火打ちあがりました!

さすが、こ学のみんな!5歳児とは思えない完成度(笑)!

IMG_6752

 

模擬保育のふりかえりでは、皆から次につながるコメントをもらいました。3回生4回生ともなると、いいところに気づいてくれていました!

清水君、8月の保育所実習では是非園の子どもたちと一緒にやってくださいね!

 

また皆の模擬保育の様子お伝えします!

 

平野(教員)

  • LINEで送る

2016年5月3日  ニュース

子どもはみな天才

Azemiによる研究旅行の報告です!

ゴールデンウィーク期間の5/1日から3日まで、香川県観音寺市に研究旅行で行って来ました。目的は、観音寺小学校でのワークショップと観音寺をフィールドワークすることです。今回は、3回生4名と4回生2名が参加しました。

 

それでは早速、観音寺小学校でのワークショップの様子です。

b1DSC_1647

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1年生90名の子ども達を対象に、こども芸術学科教員の村山が考案した「緑画(りょくが)」手法によるワークショップを行いました。緑画とは、生の植物(葉、花、実など)を手で紙や布などに擦りつけて絵を描く絵画技法で、2008年から村山が唯一無二の絵画手法として形式化したものです。様々な地域でワークショップを2008年以降毎年行っています。もちろん、私自身も緑画での制作発表を現在も含め続けています。

この、緑画体験を観音寺の子ども達にしていただきました。

b2DSC_1651

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事前に子ども達には、家の庭や近所から植物を採取してくるように伝えてあり、身近な植物を各自持ってきているものと、校内にある植物を使い野外にて制作を開始しました。(この日は、地元のテレビ局や新聞社も取材に来ていました。)

b3DSC_1657

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

描いている風景も美しいですね、絵になってます。

b4DSC_1670

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1時間目は個人での制作で、2時間目はクラスごとに共同制作になります。今回の制作テーマは、地元の身近な自然の好きなところなどをイメージして描いています。自然豊かな香川県ですが、地方の子ども達は近年あまり自然と触れ合わないことも多いようです。ですので、この緑画手法で身近な自然に目を向けること、自然の持つ可能性や不思議さ香り手触りを身をもって体感していただく中で、言葉や技術ではないものを感じ取ることを大切にしています。

b5DSC_1664

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

b6DSC_1703

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは凄い。

b7DSC_1689

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような感じで、どんどん描きます。勝手に工夫して描くことが、この手法の素晴らしいところです。絵筆やペンなどではない不自由さが逆に、味のある線になり、色も自然の色なのであたたかいです。また、この絵の最大のポイントは、絵の色彩が変化するところですね。自然の紅葉するように絵も変容して行き、変化したあとの絵も美しいですよ。

そして使った植物は総て土に還します。生きている命を少し分けていただき、感謝し描く。食べている食材と同じような感覚ですね。緑画手法の新しい概念がここにあるのだと思います。

 

小学校の先生方や子ども達もこの緑画の体験者になり、皆よかったと言っていただきました。やっぱりこの手法と絵は、本物を見ないと絶対伝わらないのです。それは、アートである絵ではあるものの、自然物でもあるので、森林浴をした感覚と似ていて、やっぱりその場に入ってみないとわかるわけがないのです。

 

子ども達は皆いい子で、やっぱり子どもは天才ですね、ピカソもびっくりの作品ばかりでした。

 

※今回の個人の作品、共同制作の作品は、実は展示されます。「かがわ・山なみ芸術祭」の観音寺市大野原町エリア(瀬戸内国際芸術祭2016パートナーシップ事業)にて多くのアーティストと共に子ども達の作品も見ることが出来ます。2016年5月15日から29日まで行われます。自然を介し、様々な場所で作品が展開されます。私村山も作品を展示しますので、是非お近くまで来た方はご覧下さい。ネットから調べてみてください。

b16DSC_1589

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、この休耕田に体験型の作品を設置します。

b15DSC_1573

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集荷場などでも作品が展示されます。ここにも展示します!

 

 

さて、学生の皆さんはフィールドワークも行いましたよ、もちろん。

観音寺小学校の校内をリサーチです。2014年に2つの小学校が一つになり新たな小学校として生まれた変わりまして。その際新校舎になりとても開放的な大きな小学校です。ここは、海も近いので当初ここに小学校を建てることに反対意見(東日本大震災の津波)もあったようですが、逆にこの小学校を防災の拠点として3階より上に地域の住民も逃げられるように設定されています。そのため、教室外のスペースを広く取っていたり、貯水タンクなども完備しています。校長先生の案内で、聞けない話を沢山きくことが出来、勉強になりました。

 

b9DSC_1745

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

b11DSC_1791

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観音寺です。第69番札所で、お遍路さんが沢山来てました。このような場所にも学生は歩いて来ていましたね。

b12DSC_1491

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銭形砂絵です。小高い山からの眺め、奥は有明海ですばらし景色ですね。この辺一帯を歩いてフィールドワークしました。

 

b14IMG_3521

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有明海岸を集合場所にしました。瀬戸内海は淡い海と空と言う印象で柔らかな感じです。

b13DSC_1937

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きなスケールでものを見たり感じたりする機会って大切ですね。普段いる地域でない他地域を実際に歩いて本物に触れて感じることにより、いつも見ている風景をまた違った視点で見られるようにもなるのです。

 

最後に、私と学生共々地元の徳善さん小学校1年生担任の大西先生には特にお世話になりました、有難うございました。

 

(教員:村山)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。