キャラクターデザイン学科

2016年11月

  • LINEで送る

2016年11月3日  ニュース

北村先生 特別講義!!

 

 

皆さんこんにちは!!

だんだんと寒さが増してきましたが、そんな寒さを吹き飛ばすような方が

キャラクターデザイン学科で特別講義を行ってくださいました!!

 

10月27日(木)の映画監督・北村龍平客員教授の特別講義の様子をお伝えしたいと思います!!

 

 

北村監督03

今回はハリウッドで新作映画の撮影を終え、日本へ帰国された直後という急な開催だったのですが、

多くの学生たちが聴きに来ており何度か笑い声が上るほど楽しい講義となりました!!

 

 

 

 

北村監督01

今回の講義でも様々なお話をしてくださったのですが、

個人的には北村先生が監督になろうと思ったお話が好きで印象に残っています。

 

北村先生は現在ハリウッドを拠点にご活躍されているのですが、ハリウッドで映画監督になろうと思ったきっかけは高校生のころ突然思いたち、監督としてやっていくのであれば日本ではなくハリウッドでしょ!!

ということで、高校を辞めハリウッドへ渡米したそうです。

 

そこから周りに何を言われようとも自身の信念を貫きとおし、

これまでの作品含め制作には一切の妥協をせず作品と向き合ってこられたとのことでした。

(ちなみに…ハリウッドで3本の映画を撮っている日本人監督は北村先生だけなのですよ!!)

 

自分のやりたいことをやるって結構難しいことかと思うのですが、

「行動力」と「信念」を持っていれば出来ないことは無いのだと改めて思いました。

 

これから自分の将来へと向かって行く学生たちにもこのことを忘れず自分のやりたいことについてとことん突き進んで行って欲しいなと思います!!

 

 

 

北村監督02 

その他にも日本とハリウッドの映画業界の違いや厳しさについて、あの実写版「ルパン三世」の制作裏話などもお話をしてくださいましたよ!!

 

 

最後に北村先生のフィルモグラフィを約4分に濃縮したプロモーションビデオを見せていただきましたが、北村先生がこれまで制作された作品に対する思いが詰まっている映像となっていました!!

この映像を見て、ますます学生たちの制作に対する気持ちに火が付いたのではないでしょうか?

 

 

 

IMG_0082

北村先生、帰国後でお疲れのところ学生たちへ沢山のためになるお話をしていただき本当にありがとうございました!!

次回作も楽しみしております!!!

 

 

 

=================

【北村龍平監督プロフィール】

2001年にウルトラバイオレンスアクション「VERSUS」で長編デビュー。

〇監督作品〇
あずみ(2003年)
スカイハイ 劇場版(2003年)
ゴジラ FINAL WARS(2004年、東宝)
実写版 ルパン三世(2014年)
など…他多数

映画以外にも「メタルギア・ソリッド・ザ・ツイン・スネークス」などの演出や

CM・MV・コミック作なども数多く手がける。

これまで数々の映画祭に招待されハリウッド・日本・アジアを股にかけて活躍する映画監督。

=================

 

 

 

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。