舞台芸術学科

2018年5月

  • LINEで送る

2018年5月28日  ニュース

卒業生の渡辺たくみさんが脚本・演出を担当します!!

昨年度卒業した渡辺たくみさん(nidone.works、脚本・演出)が、

京都を拠点に活躍する劇団、ヨーロッパ企画の「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ!」で

6月の全5週、ラジオドラマの脚本・演出を担当します。

ヨーロッパ企画ブロードウェイラジオ


渡辺たくみさんよりコメント

「『Music Drama!』というテーマで、毎週京都で活動している音楽アーティストの楽曲をモチーフにラジオドラマを製作します。

曲とイメージが合体しているイメージです。

そして何より、1週目に山口慶人君(演技・演出コース4回生)、2週目に木下創一朗君(演技・演出コース3回生)が出演します!

今後3・4・5週目のどこかに加藤祐一君(演技・演出コース2回生)も出演する予定です!!

(KBS京都は、1週目6月1日(金)22:30~23:00、2週目6月8日(金)22:30~23:00です)

是非聞いてください~!!」

 

 

 

 

渡辺たくみ:

1995年生。大阪府吹田市出身。大阪府立箕面高等学校卒業、京都造形芸術大学・舞台芸術学科を第8期卒業生。

同学科在籍中にネット上で立ち上げたポートフォリオ「nidone.works」が、

2016年に ゆるやかカンパニー “nidone.works” としてユニット化、以降 代表を務めている。

【こども・音楽・街】などをキーワードにした作品を多く執筆し、演出する。

また、2016年の4月から二年間、FM802・FM COCOLO の番組にてアシスタントディレクターを担当。

nidone.worksの会社化をささやかに目指しながら

ラジオドラマの脚本やMVの監督・ワークショップの講師などでも精力的に活動中。

nidone.works:

渡辺たくみ(脚本・演出)・ やまもとかれん(美術・小道具)を中心とした、京都発の ゆるやかカンパニー

2016年から作品ごとにメンバーを変え、 “こども心” をくすぐる時間や映像を作品にしている

こども向けでありながら大人も楽しめる観客参加型の演劇作品・音楽ライブが融合した街型の演劇作品を軸に、

映像作品やミュージックビデオ、ラジオドラマの脚本、親子向けのワークショップも手がける。

2015年  2 月:【映像】TECHNE ID『lines of palm』製作

2015年  5 月:【映像】第五回うんこ映画祭 出品作品『3分うんこ』製作

2015年  7 月:【CM】祇園天幕映画祭 祇園CMアワード内 店舗CM部門『鍵善良房 30秒CM』製作

2016年  2 月:【舞台】『チッハーとペンペン』 @京都造形芸術大学 上演

2016年  5 月:【舞台】『チッハーとペンペン』@岩屋こども園アカンパニ 再演

2017年  3 月:【舞台】『よっ!チョコモフン』@京都造形芸術大学 上演

2017年  4 月:【舞台】『チッハーとペンペン』@元・立誠小学校 再々演

2017年  7 月:【ラジオ】ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ内 ラジオドラマ『リコズ・ベーカリー』 脚本.演出

2017年  8 月:【イベント】ロームシアター京都 プレイ!シアター in Summer『COOL☆こどもディスコ』美術製作

2017年  8 月:【ラジオ】ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ内 連続ラジオドラマ『恋と誰かと銭湯と。』 脚本.演出

2017年  9 月:【MV】かせきさいだぁ『Choco that I know girl』製作

2017年 10月:【舞台】『おにぎりパン!』 @京都造形芸術大学 上演

2017年 11月:【MV】odd five『FACES』美術製作

2017年 12月:【WS】アートであそぼう ぷれい、ひがしやま!『オニホテルWS』 @京都市東山区

2018年 2 月:【舞台】nidone.works & 花柄ランタン presents『おやすみランタン!』 @サウナの梅湯 上演

2018年 2 月:【WS】アートであそぼう ぷれい、ひがしやま!『レッツ・ラ!チョコモフン』 @京都市東山区

2018年 3 月:【WS】親子で体験ワークショップ コビト大学『スーパー・ハピエスト・プリン!』 @京都市東山区

2018年 3 月:【舞台】『#ポテトとトマトとタルトタタン』 @ARTZONE

MAIL :nidone.works@gmail.com

Twitter:@nidone_works

HP       :http://nidoneworks.wixsite.com/nidone-works


  • LINEで送る

2018年5月28日  授業風景

山下残ワークショップ&柴田隆弘大道具実習

先日行われた、1回生対象の山下残(非常勤講師)さんによるワークショップと

柴田隆弘(非常勤講師)さんによる大道具実習の様子をご紹介します。

IMG_1995山下さんは現在も国内外でご活躍されている振付家・演出家です。

本学科では3回生の授業発表公演も担当していただいています。

 

なんと今回のワークショップでは実際にご自身の作品を上演していただきました!

もう10年ほど前にstudio21で初演された作品なので、作品としても歴史が感じられます。

1回生にとってはこの大学で見る公演の1作品目となり、注意深く鑑賞していました。

ダンスでもなく、演劇でもない作品に触れることもなかったでしょうから、個々に強い印象を残したようでした。

IMG_2007IMG_2012

 

 

 

柴田先生による大道具実習は2回生を対象に、図面の起こし方から製作までを行いました。IMG_2279IMG_2245

今回は扉を作りました。

基本のパネルに、開閉できるパネルをはめ込んで蝶番という金具で固定するのですが、

これがなかなか難しい。ゆがんだり、サイズが合わないとぴったりはまらず閉まらない…

一般的な扉と違って、舞台の扉は条件や仕様が違うので、製作のコツも経験が必要になっていきます。

また、基本に戻って工具の扱いや制作中の細かいポイントなど、より実践的に学ぶことができました。

これを期に、どんどん製作していって欲しいと思います!!

IMG_2186IMG_2205

 

 

  • LINEで送る

2018年5月17日  ニュース

昨年度の公演記録写真をギャラリーに追加しました!

研究室でアイスを食べる学生が増えてきました…、

気温の変化が激しく、ここ数日の暑さで体調崩されませんように十分気をつけてくださいね!!

 

 

さて、本日は舞台芸術学科、昨年度の公演記録をギャラリーページに公開しましたのでお知らせいたします。

現在は一部の写真のみですが、ダイジェスト映像や、期間限定で本編丸ごとYoutube にて公開していく予定ですので、

またちょくちょく覗きにきてくださいね。

 

カテゴリ(授業風景)授業発表公演や集中授業など

https://www.kyoto-art.ac.jp/production/?gallerycat=classreport&author=10

 

カテゴリ(在学生作品)卒業制作公演

https://www.kyoto-art.ac.jp/production/?gallerycat=student_g&author=10

 

 

IMG_4762IMG_0822IMG_1808IMG_7541

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。