歴史遺産学科

2018年5月

  • LINEで送る

2018年5月18日  ニュース

「民俗文化財の保存・活用入門」リレー講義のご紹介

こんにちは。歴史遺産学科の副手です。

近頃、暑くなったり、寒くなったりお天気の変動が激しいですね。

 

さて、今回は歴史遺産学科でおこなわれている特別講義についてご紹介いたします。

京都造形芸術大学と研究協定を結んでいる国立民族学博物館と提携し、

「民俗文化財の保存・活用入門」をテーマとしたリレー講義が毎週水曜日に行われています。

プログラムは、「第1章 民俗文化財を再発見する」、「第2章 民俗文化財を保存する」、

「第3章 民俗文化財を活用する」といった流れで、民俗文化財の保存・活用について幅広い視点から学んでいきます。

民俗文化財の保存・活用についての研究をされている先生方や、実際に博物館で民俗文化財を継承していくための

研究や活動をされている学芸員さんから直説お話をうかがうことができる貴重な機会です。

 

 

516()に実施された第1回目は、「地域を写し出す民俗学の可能性」について

東北学院大学教授の政岡伸洋先生からお話をうかがいました。

 

DSC_0010

 

まず初めに民俗学とはどのような学問なのかについて学び、宮城県南三陸町波伝谷に伝わる

「オネンブツ」と「春祈祷」という民俗行事が、2011年の東日本大震災後どのようにして

再び行われるようになったのかについて学びました。

「オネンブツ」と「春祈祷」は、波伝谷に住む地域の人々の間で大切にされている民俗行事です。

「支援して終わりではなく、その後の分析を通して、地域の文化を再発見していくことこそ大切」

という先生の言葉がとても印象的でした。

 

DSC_0016

 

実際に現地に赴き、継承に関わっておられる先生から直接お話を聞くことができ、

また普段なかなか聞くことの出来ないお話ばかりで、学生たちはとても真剣な眼差しで聞いていました。

 

次回以降も今回とはまた違ったテーマについて、違った視点からのお話が聞けるので、とても楽しみですね。

政岡先生、今回は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

——————————————————————————————-

【ご案内】

6/10(日) 1日体験入学オープンキャンパス!

 

普段のオープンキャンパスとは異なり、本格的な授業をこの1日体験入学で受講していただけます。

歴史遺産学科ではフィールドワークで京都御所を訪れます。

実際に訪れ、京都の歴史や文化財の保存修復について学びましょう!

 

IMG_3611

 

 

詳しい情報&お申し込みはこちら!!

 

——————————————————————————————-

  • LINEで送る

2018年5月1日  イベント

【春のオープンキャンパス】ご来場ありがとうございました!

こんにちは、歴史遺産学科の副手です。

 

429()に今年度初めての春のオープンキャンパスが開催されました!

天候にも恵まれ、たくさんの方がお越しくださり、大盛況でした!

歴史遺産学科のブースにお越しくださったみなさま、ありがとうございました。

 

1

 

歴史遺産学科のブースでは、「陶芸の名品を復元しよう!」、「江戸時代の京都の名所絵に彩色してみよう!」、

「お茶の味を当てる闘茶体験」の3つのワークショップと教員相談コーナー、実演コーナーを設けました。

今回はその様子をご紹介いたします。

 

 

2

 

毎回恒例!大人気の「陶芸の名品を復元しよう!」では、似ているパーツを集めつなぎ合わせていきます。

考古学では遺物の接合(せつごう)、と呼ばれる仕事です。

なお、これらは京都の清水で焼かれ、廃棄されたものです。

 

 

3

 

「江戸時代の京都の名所絵に彩色してみよう!」では、

200年前の京都の庭園を中心テーマとした「都林泉名勝図会」に彩色を施します。

当時どのような色だったのか考えながら、思い思いに彩色します。

色使いや彩色方法にも個性が現れていました。

モノクロの画面に彩色すると、画面が活き活きとしてきます。江戸時代が身近に感じられますね。

 

 

4

 

また、製茶工程の展示ブースとあわせて、お茶挽きの実演を行ないました。

挽きたてのコーヒーならぬ抹茶を来場者に点てて味わっていただきました。

 

DSC_0123

 

「京都のお茶 八百年の歴史と文化」とあるように、お茶と歴史は切り離せないものです。

たとえば、室町時代の武士は、お茶の味を判別する「闘茶」というゲームに真剣に取り組んでいました。

今回このコーナーでは、臼で挽いたお抹茶を味わったり、現在普及しているペットボトルのお茶と

飲み比べる利き茶のワークショップを行ないました。

味の違いやなめらかさなど、様々な違いを感じていただけたのではないでしょうか。

 

5

 

 

 

また、現役の学生スタッフに大学での学びや学生生活について、ワークショップを体験しながらお話できるのも

このオープンキャンパスの醍醐味のひとつです!

 

6

 

「下宿すると生活費はどのくらいかかりますか?」

「アルバイトと授業は両立できますか?」

「コミュニケーション入学にむけてどんな勉強をしたらいいですか?」

などといった質問に学生スタッフのみなさんはにこやかに、丁寧に応じてくれていました。

 

 

7

大学院生の磯貝さんも古文書の修復を実演してくれました。

 

8

修復に興味のある高校生のみなさんが、真剣に作業の様子を眺め、質問している姿が印象的でした。

 

 

教員相談コーナーでは、4年間での学びや、卒業後の進路、入試についてなど直接先生方に相談できます。

自分のやりたいことや目指す進路をお話しし、少し不安が解消されたのか帰る頃には笑顔が増えていました。

 

 

 

 

 

 

次回のオープンキャンパスは6月10日(日)1日体験入学オープンキャンパスです!

「体験入学」とあるとおり、歴史遺産学科の授業を体験していただけます。

今回はフィールドワークで京都御所を実際に訪れ、京都の歴史や文化財の保存修復について学びましょう。

 

 

今後申し込みサイトが開設されるのでお早めにお申し込みください。

また皆さまにお会いできることを楽しみにしております!!

 

 

 

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。