文芸表現学科

2018年8月

  • LINEで送る

2018年8月21日  イベント

京造ホームカミングデー2018のお知らせ

 
home coming1
文芸表現学科を卒業していったみなさんは、いま、どんなふうに暮らしているのでしょうか。
 
学科研究室にいると、結婚や転職、創作活動などの噂を人伝に聞いたり、
時々、本人が訪ねて来たり(美味しいお土産付なことも)、
Twitterやfacebookなど、SNSでその暮らしを垣間見たりすることがあります。
 
 
でも、全員じゃないんです。
 
 
今でも作品を書いているのでしょうか。
新しい発見はどのくらい増えているのでしょうか。
どんな人たちと暮らしているのでしょうか。
どんなモノやコトを観ているのでしょうか。
 
 
なにより、お元気でしょうか。
 
 
9.16(日)に「ホームカミングデー2018」が学内で開催されます。
ぜひ、その日に懐かしい皆さんの今を教えに来てください。
当日は、河田先生、辻井先生、校條先生、村松先生、山田先生はもちろん、
初代学科長の門崎先生、詩の授業の君野先生もおられる予定です。
 
 
そして、みんながお世話になった竹内さんも。
 
 
懇親会の会場では、卒業生が出店する美味しい「食」も楽しめちゃいますし、
学園祭2日目とあって、懐かしいあの「ねぶた」も見ることができます。
 
 
パンフレット
ちなみに、大学からパンフレットと限定グッズ引換券をお送りしているのですが、
もし「届いてないよ〜」という方がおられましたら、
office@creativewriting.jp まで、お名前と現住所をお知らせください。
送付させていただきます。
 
 
 
皆さんにお会いできるのを学科教職員一同、心からお待ちしております〜。
 
home coming
 
□ホームカミングデー2018
日時 2018.09.16(日)(学園祭2日目)
   Open 13:00/Start 13:30
会場 京都造形芸術大学内
概要 http://www.uridou.jp/hcd/2018/
 
□参加お申し込みフォーム
https://www.kyoto-art.ac.jp/uridou/event_form/
 
 
 
 
(スタッフ・大賀(クリエイティブ・ライティングコース1期生))
 
 
 
 
 

  • LINEで送る

2018年8月1日  授業風景

前期合評会を行いました!

 
文芸表現学科では、前期・後期末に全学年参加の合評会を実施しており、
7月28日(土)に、2018年度前期合評会を行いました。
 
 

期末合評会では、選抜された学生たちの作品を小冊子にして配布しています。

期末合評会では、選抜された学生たちの作品を小冊子にして配布しています。


今回は1〜3年生の作品が選抜され、それぞれの視点や興味を軸に、
先生方のアドバイスを受けて磨かれた小説・エッセイ・レビューに加え、
グループワークでのインタビュー、イベント企画・運営の報告が発表されました。
 
執筆した学生たち。

執筆した学生たち。

授業「制作Ⅱ」の発表では、美容師紹介サイト「HairDre」のためのインタビューについてや、「今この時代に、なぜ「本」を作るのか」というテーマでのインタビューについて発表が行われました。

授業「制作Ⅱ」の発表では、美容師紹介サイト「HairDre」のためのインタビューについてや、「今この時代に、なぜ「本」を作るのか」というテーマでのインタビューについて発表が行われました。

紙面や画面を超え、実体のある小説という、実験的な試みを発表する学生も。

紙面や画面を超え、実体のある小説という、実験的な試みを発表する学生も。


 
 
発表を聞くだけでなく、先輩・後輩の垣根を超え、
作品やプレゼンに対しての意見・感想を発言するのも、期末合評会ならではの光景です。
 
発言者
左:小説家の辻井先生、右:マンガ学科の松田先生

先生からの講評も。左:小説家の辻井先生、右:マンガ学科の松田先生


 
紙面や画面上の言葉だけでなく、いろんな人の目や意見に触れる場で、
想いや考え、アイディアなどを話すことで、自身の言葉が生まれていきます。
 
個人の頭にあったものを公に発表する。それは表現の始まりでもあります。
この合評会を糧に、後期も自身の言葉を磨いていってもらえたらなと思います。
 
 
 
 
 
---------------
 
今日は、夏のコミュニケーション入学エントリー日です!
WEBエントリーできるのは、本日8/1(水)17:00までです!
夏のコミュニケーション入学は他学科との併願ができちゃいます。
 
 
■ ■ WEBエントリーはこちらから▼ ■ ■
夏期コミュニ
体験授業日:A日程 8月4日(土)、5日(日)
      B日程 8月6日(月)、7日(火)
WEBエントリー:8/1(水)17:00まで
詳細:こちら
 
 
 
文芸表現というものは、文芸表現作品を作ることだけでなく、
社会で人と人が意思疎通を図るために必要な「言葉」について探求していくことでもあります。
 
話すことも、書くことも、考えることも、人は言葉を使用します。
 
文芸表現学科では、学生も先生も、
その言葉について、学び、遊び、悩み、磨き、迷い、発見する日々を送っています。
 
言葉にあふれた文芸表現学科で、日々を過ごしてみたい!というみなさん。
そんなみなさんの入学を心よりお待ちしております。
 
 
ふるってエントリーください。
 
 
学科一同、みなさんのことをお待ちしております〜!
 
 
(スタッフ・大賀)
 
 
 
 
 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。