文芸表現学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年8月1日  授業風景

前期合評会を行いました!

 
文芸表現学科では、前期・後期末に全学年参加の合評会を実施しており、
7月28日(土)に、2018年度前期合評会を行いました。
 
 

期末合評会では、選抜された学生たちの作品を小冊子にして配布しています。

期末合評会では、選抜された学生たちの作品を小冊子にして配布しています。


今回は1〜3年生の作品が選抜され、それぞれの視点や興味を軸に、
先生方のアドバイスを受けて磨かれた小説・エッセイ・レビューに加え、
グループワークでのインタビュー、イベント企画・運営の報告が発表されました。
 
執筆した学生たち。

執筆した学生たち。

授業「制作Ⅱ」の発表では、美容師紹介サイト「HairDre」のためのインタビューについてや、「今この時代に、なぜ「本」を作るのか」というテーマでのインタビューについて発表が行われました。

授業「制作Ⅱ」の発表では、美容師紹介サイト「HairDre」のためのインタビューについてや、「今この時代に、なぜ「本」を作るのか」というテーマでのインタビューについて発表が行われました。

紙面や画面を超え、実体のある小説という、実験的な試みを発表する学生も。

紙面や画面を超え、実体のある小説という、実験的な試みを発表する学生も。


 
 
発表を聞くだけでなく、先輩・後輩の垣根を超え、
作品やプレゼンに対しての意見・感想を発言するのも、期末合評会ならではの光景です。
 
発言者
左:小説家の辻井先生、右:マンガ学科の松田先生

先生からの講評も。左:小説家の辻井先生、右:マンガ学科の松田先生


 
紙面や画面上の言葉だけでなく、いろんな人の目や意見に触れる場で、
想いや考え、アイディアなどを話すことで、自身の言葉が生まれていきます。
 
個人の頭にあったものを公に発表する。それは表現の始まりでもあります。
この合評会を糧に、後期も自身の言葉を磨いていってもらえたらなと思います。
 
 
 
 
 
---------------
 
今日は、夏のコミュニケーション入学エントリー日です!
WEBエントリーできるのは、本日8/1(水)17:00までです!
夏のコミュニケーション入学は他学科との併願ができちゃいます。
 
 
■ ■ WEBエントリーはこちらから▼ ■ ■
夏期コミュニ
体験授業日:A日程 8月4日(土)、5日(日)
      B日程 8月6日(月)、7日(火)
WEBエントリー:8/1(水)17:00まで
詳細:こちら
 
 
 
文芸表現というものは、文芸表現作品を作ることだけでなく、
社会で人と人が意思疎通を図るために必要な「言葉」について探求していくことでもあります。
 
話すことも、書くことも、考えることも、人は言葉を使用します。
 
文芸表現学科では、学生も先生も、
その言葉について、学び、遊び、悩み、磨き、迷い、発見する日々を送っています。
 
言葉にあふれた文芸表現学科で、日々を過ごしてみたい!というみなさん。
そんなみなさんの入学を心よりお待ちしております。
 
 
ふるってエントリーください。
 
 
学科一同、みなさんのことをお待ちしております〜!
 
 
(スタッフ・大賀)
 
 
 
 
 

関連記事

<1516171819>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。