文芸表現学科

イベント

  • LINEで送る

2018年8月21日  イベント

京造ホームカミングデー2018のお知らせ

 
home coming1
文芸表現学科を卒業していったみなさんは、いま、どんなふうに暮らしているのでしょうか。
 
学科研究室にいると、結婚や転職、創作活動などの噂を人伝に聞いたり、
時々、本人が訪ねて来たり(美味しいお土産付なことも)、
Twitterやfacebookなど、SNSでその暮らしを垣間見たりすることがあります。
 
 
でも、全員じゃないんです。
 
 
今でも作品を書いているのでしょうか。
新しい発見はどのくらい増えているのでしょうか。
どんな人たちと暮らしているのでしょうか。
どんなモノやコトを観ているのでしょうか。
 
 
なにより、お元気でしょうか。
 
 
9.16(日)に「ホームカミングデー2018」が学内で開催されます。
ぜひ、その日に懐かしい皆さんの今を教えに来てください。
当日は、河田先生、辻井先生、校條先生、村松先生、山田先生はもちろん、
初代学科長の門崎先生、詩の授業の君野先生もおられる予定です。
 
 
そして、みんながお世話になった竹内さんも。
 
 
懇親会の会場では、卒業生が出店する美味しい「食」も楽しめちゃいますし、
学園祭2日目とあって、懐かしいあの「ねぶた」も見ることができます。
 
 
パンフレット
ちなみに、大学からパンフレットと限定グッズ引換券をお送りしているのですが、
もし「届いてないよ〜」という方がおられましたら、
office@creativewriting.jp まで、お名前と現住所をお知らせください。
送付させていただきます。
 
 
 
皆さんにお会いできるのを学科教職員一同、心からお待ちしております〜。
 
home coming
 
□ホームカミングデー2018
日時 2018.09.16(日)(学園祭2日目)
   Open 13:00/Start 13:30
会場 京都造形芸術大学内
概要 http://www.uridou.jp/hcd/2018/
 
□参加お申し込みフォーム
https://www.kyoto-art.ac.jp/uridou/event_form/
 
 
 
 
(スタッフ・大賀(クリエイティブ・ライティングコース1期生))
 
 
 
 
 

関連記事

<34567>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。