文芸表現学科

2019年5月

  • LINEで送る

2019年5月31日  授業風景

小説家・ライター・編集者の仕事について聞いてみよう!

学生3

京都造形芸術大学では、大学での学びを実社会でどのように活かしていくのか、

「キャリア授業」を各学科ごとに開講し、考え、実践していく機会を設けています。

 

文芸表現学科でも、1〜3年次にそれぞれの段階に合わせた内容で開講しており、

今回お伝えする2年生向けの授業「キャリア研究Ⅱ」では、学生たちが具体的な将来像を自分たちで考えられるよう、

リサーチとインタビューなどを通して、文芸を活かせる職業と仕事について考えていきます。

 

 

5月25日(土)に行われた第2回目の授業では、

ゲストとして、作家の仙田学さん、フリーライターの納谷”ロマン”憲幸さん、編集者の小森文さんにお越しいただき、

作家・ライター・編集者について、グループインタビューを行いました◎

 

 

勢揃い

左二番目から、作家の仙田さん、ライターの納谷さん、編集者の小森さん。 両脇は授業担当の山田先生、大迫先生。

 

仙田さん

小説家についてお話しくださった仙田学さんは、

2002年に小説『中国の拷問』で「第19回早稲田文学新人賞」を受賞してデビューされ、

著書には『盗まれた遺書』(河出書房新社)、『ツルツルちゃん』(NMG出版)があり、

「文藝2019年夏季号」では最新小説『アイドル』を発表されています。

 

ここまでは小説家の方の紹介としてよくある流れなのですが、

仙田さんはもう一つ、「女装小説家」という肩書きも持たれています。

(実は、昨年度もこの授業にゲストとしてお越しいただいており、

その際には女装でインタビューにお答えいただきました◎)

 

そういった独特の感性と特徴をお持ちの仙田さんに、

執筆するときの心持ちから、仙田さんならではの創作論、

編集者さんとのエピソードなど、学生たちは熱量の高いインタビューを行っていました。

 

 

納谷さん

納谷”ロマン”憲幸さんには、ライターのお話をお伺いしました。

納谷さんは、『Meets Regional』、『まっぷる京都』『関西Waker』など、

関西を中心にフリーライター兼カメラマンとして活動されるかたわら、

編集者、ディレクターとしても活躍されています。

 

ライター業では、”雑誌とインターネット”、どちらでも記事を書かれていることもあり、

それぞれの良さ、違いについてお教えくださりました。

 

また、仕事は「呑み歩きで出会う面白い人から」繋がっているとのことで、

名前に含まれる「ロマン」の由来から、呑み歩きの極意、体を張った取材の話まで、

納谷さんならではの物事の捉え方や、仕事の向き合い方に、学生たちは興味津々でした。

 

「自分はプレイヤーなので、教育の場からは距離をとってきた」とおっしゃる納谷さんですが、

今回は偶然が重なってゲストにお越しいただけたとのこと。

学生たちにとって、リアルな現場の空気や感覚を知れる貴重な機会となったのではないでしょうか。

 

 

小森さん

 

編集者のお話についてインタビューにお答えくださった、小森文さん。

元々はテレビの制作会社でADされていたそうなのですが、

「編集をしたい!」と大阪編集教室で編集やライティングを学び、

144月に編集プロダクション「有限会社コピーズ」で入社されました。

 

関西の情報誌、企業広告、メーカーカタログ冊子の編集をされているとあり、

インタビューをしていくうちに、媒体や企業ごとの違いの面白さや、趣味が仕事の強みになったりなど、

具体的なお話をお聞きすることができました。

 

「編集って大変ですか」という学生の質問にも、率直にインタビューにお答えくださりました。

 

 

 

学生1

今回、お越しいただいた3人の方々の職業である小説家・ライター・編集者は、

文芸の職業として真っ先に上がる、学生たちにとって憧れの職業です。

 

仙田さん、納谷さん、小森さんの実体験から語られた言葉から、

それぞれの職業に対して新たにどんな側面を知れたのか。

学生たちには、インタビュー記事としてまとめてもらいます。

 

ちなみに、完成原稿は仙田さん、納谷さん、小森さんにもお読みいただくそうです。

さてどんな記事になるのでしょうか?

 

 

−−−−−−−−−−

 

 

15 6月1日体験

 

6/9(日)に開催する授業体験型オープンキャンパスでは、
「ショート・ショートを書こう」と題して、
短い小説(=物語)を執筆してもらうワークショップを行います。
 
授業を担当してくださるのは、

小説家・エッセイスト・漫画原作者として活躍されている、山田隆道先生です。

 

小説など言葉を使って創作を目指すみなさんは、ぜひこの機会に

プロの現場を生き抜いている山田先生の授業をご体験ください。
 
各回、もうすぐ定員が埋まりそうですので、お申し込みはお早めに◎
皆様のご参加、心よりお待ちしております!
 
 
 
京造を体験『1日体験オープンキャンパス』

日時:6/9(日),7/7(日) 10:00-16:30(受付は09:30〜)
開講時間:午前の部・10:20-12:00
     午後の部・13:30-15:10
詳細・お申し込み:https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-09_07-07/
 
 
(スタッフ・大賀)
 

 

  • LINEで送る

2019年5月22日  ニュース

【文芸出身】御厨亮さんが春秋座で上演される舞台に出演します!

春秋座1
クリエイティブ・ライティングコース出身の「御厨亮」さんが、
春秋座で上演される「『4』上演の可能性を巡る劇場実験」に出演されます◎
 
 
今回の公演は、2020年に上演を予定されている、
戯曲『4』の演出実験として公開される舞台です。
モノローグ形式で語られる戯曲を、
ライブカメラを用いて演出されるそうなのですが、
一体どんな舞台になるのでしょうか。
 
ぜひ、皆さんの目でお確かめください。
 
 
 
春秋座
「『4』上演の可能性を巡る劇場実験」
日時 ○ 2019.06.16(日)15:00(16:00終了予定)
会場 ○ 京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)
料金 ○ 無料(要事前予約)
解説・演出 ○ 川村毅
劇場実験参加俳優 ○ 金子仁司(kondaba)、木之瀬雅貴、坂川慶成、御厨亮
映像ディレクション・オペレート ○ 小西小多郎
詳細・お申し込みフォーム ○ http://k-pac.org/?p=7292
申し込み(電話) ○ 075-791-8240(京都芸術劇場チケットセンター・平日10-17時)
 
 
−−−−−−
 
 
また、6/28(金)-30(日)には、
神戸アートビレッジセンターKAVCホールでの舞台に出演するそうです。
こちらもぜひ、ご覧になってみてください。
 
 
神戸神戸2

THE ROB CARLTON Banquet hall『STING OPERATION』
日時 ○ 2019.06.28(金)-30(日) 全4公演
会場 ○ 神戸アートビレッジセンター
料金 ○ 無料(要事前予約)
作・演出 ○ 村角太洋
出演 ○ ・THE ROB CARLTON
    (村角ダイチ/満腹満/ボブ・マーサム)

    ・高阪勝之(男肉 du Soleil/kitt)
    ・伊勢村圭太
    ・大石英史
    ・御厨亮
詳細・お申し込み ○ https://www.kavc.or.jp/events/4373/
 
 
−−−−−−−−−−−−
 
文芸表現学科では、小説の創作以外にも、
脚本・戯曲といった多様なジャンルの創作を学ぶことができます。
 
そうした授業では、物語の構造や名作と呼ばれる作品を学ぶ機会に溢れており、
物語への知識や理解が深まっていきます。
 
その結果、今では御厨さんのように、
物語の一部である役者として活躍している文芸出身者や在校生も出てきており、
物語を「観る・読む」機会を多く得ることで、創作以外の現場でも文芸での学びが活かされています。
 
 
 
15 6月1日体験
6/9(日)に開催する授業体験型オープンキャンパスでは、
「ショート・ショートを書こう」と題して、
短い小説(=物語)を執筆してもらうワークショップを行います。
 
舞台・映画・書籍にかかわらず、「物語の創作」に興味のある方は、
ぜひご参加ください◎
 
各回、定員がありますので。お申し込みはお早めに◎
皆様のご参加、心よりお待ちしております!
 
 
 
京造を体験『1日体験オープンキャンパス』

日時:6/9(日),7/7(日) 10:00-16:30(受付は09:30〜)
開講時間:午前の部・10:20-12:00
     午後の部・13:30-15:10
詳細・お申し込み:https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-09_07-07/
 
 
(スタッフ・大賀)
 
 
 
 

  • LINEで送る

2019年5月17日  日常風景

新入生研修旅行で四国村に行ってきました!

00 瀬戸大橋

毎年恒例の新入生研修旅行!

 

今年は研究室を共有しているアートプロデュース学科(ASP学科)の皆さんと一緒に、

香川県高松市へ行ってきました◎  

 

 

もともとアートプロデュース学科と文芸表現学科は同じ学科だったこともあり、

現在も同じ研究室を共有しているのですが、

お互いにどんなことを学び、 どんな活動をしているのか知らない学生が多く、

最近では交流する機会も少なくなっていました。  

 

自分とは違った興味・視点・技術を持った人との交流は、

新しい自分との出会いにもなり、 成長への気づきになったりしますよね。

 

 

 

そんな変化や成長を感じられる環境にいるのに、もったいない……!  

 

 

 

というわけで、今年の研修旅行は2学科合同で行くことになりました◎    

 

 

−−−−−

 

  02 四国村 入り口

1日目は四国村で、ツアー企画を行うグループワークを行ってもらいました。

 

村内では、四国各地から移築・復原された古い民家や建造物、季節の植物を楽しめるのですが、

よりそれらを楽しむには、どのように巡れば良いのか。

 

ASP・文芸合同の班に分かれ、四国村を散策していきます。      

 

 

お昼には香川の代名詞・うどんを堪能しつつ、四国村を散策する前に先生とも打ち合わせを行っていました。

お昼には香川の代名詞・うどんを堪能しつつ、四国村を散策する前に先生とも打ち合わせを行っていました。

 

 

私が同行させてもらった班は、下調べと事前の打ち合わせを行っていたようで、

「水」をテーマにしたツアー企画を練ってきていました。

 

さて、どんなツアーになるのでしょう。

 

 

スリル満点、定員20名の「かずら橋」を渡ったり、地図と水の音を頼りに、竹林を歩いたり。

スリル満点・定員20名の「かずら橋」を渡ったり、地図と水の音を頼りに、竹林を歩いたり。


見つけた水路を夢中になって辿っていたら、滝を見つけたり。

水探しに夢中になって気付いたら正規ルートを逆走して、滝を見つけたり。


授業でならった視点とディスカッション方法を試してみたり(右・ASP学生)、短歌の応募用紙を見つけてお土産にしようとしてみたり(左・文芸学生)。

授業で習った視点とディスカッション方法を試してみたり(右・ASP学生)、短歌の応募用紙を見つけてお土産にしようとしてみたり(左・文芸学生)。


学生たちが徐々に仲良くなってきたので、記念撮影したり。

記念撮影したり。

出発当初は、交流の少ない他学科の学生との行動とあって、緊張の面持ちが強かった学生たちですが、

「水」というテーマから徐々に「水の音」に焦点を当てて、耳と目をこらしながら道を選んでいると、

感覚も気持ちも開いてきたのか、終盤には会話や笑い声や表情が活き活きとした場面が増えていたように思います。

 

 

 

−−−−−

 

 

四国村では、共通の目的を持って一緒に行動したことで、少し打ち解けてきた学生たち。

それぞれに見つけた四国村の楽しみ方を、どのようにまとめて、どんな人に、どのように伝えるのか。

 

夜にはホテルで、まとめの作業を行ってもらいました。

 

 

06 夕食

まとめ作業の前に、腹ごしらえ。美味しい魚介・うどん・旬のお野菜をいただきました。

 

 

文芸学生は伝える「言葉」に、ASP学生は伝える「仕組み」に着目し、それぞれの違いが現れていて面白かったです。

まとめの作業では、文芸学生は伝える「言葉」、ASP学生は伝える「仕組み」に着目したりと、それぞれの違いが現れていて面白かったです。

 

模造紙とペンという最小限の道具で、プレゼン用のビジュアルを作成していきます。

模造紙とペンという最小限の道具で、プレゼン用のビジュアルを作成していきます。

 

−−−−−

 

 

 

まとめたものを発表しよう! ということで、最終日である2日目の朝にはプレゼン大会を行いました◎

 

11 プレゼン

ツアーテーマをイメージ図にしたり、コール&レスポンスを駆使してプレゼンする班があったり。


12 プレゼン

「のぞいてみる」というテーマから、動作でオーディエンスを惹きつけたり。


12 教員

プレゼン後には、各先生から講評をいただきました。他学科の先生のコメントにも違いがあり、学生たちにはとても新鮮な経験になったのではないでしょうか。

 

−−−−−

 

 

研修旅行のメインであったグループワークを終えた後は、高松市で自由行動!

先生も学生たちも、思い思いに高松市内を楽しめたようです◎

 

本屋に行く学生や、高松港で釣りをした学生もいたました。

高松市内の独立系書店を訪れる学生。高松港で釣りをした学生もいたようです。

 

 

−−−−−

 

 

今回、二学科合同で研修旅行をしてみて、

「違い」というものはお互いの個性であり特色でもあるのだなぁと、学生たちを観ていると感じました。

 

お互いの特色を引き出し合い、組み合わせて、新しいモノや価値に変えていく。

それは言葉をつむぐこと、場をつくることの面白さにも共通している気がします。

 

学生たちにとって、この旅を通してお互いに感じた、違いや共通する観点を、

それぞれの学びに繋げて行ってもらえたら良いなぁと思います。

 

そして、研修旅行後も交流を続けてくれればなと!

 

 

 

−−−−−−−−−−−−−−

 

15 6月1日体験

今年も誰でも芸大生になれる特別な二日間がやってきます!

 

6/9(日)と7/7(日)には、京都造形芸術大学の授業が体験できちゃいます◎

 

京造に受験するぞ! と決めている方も、進路に悩んでいる方も、

そもそも芸大ってどんな授業するの? と疑問をお持ちの方も、

授業を体験してみれば、自信・目標・答えが得られること間違いなしです!

 

 

そのなかでも、ことば・物語・本に興味のある皆さんには、文芸表現学科の授業がオススメです◎

 

15 体験授業

6/9(日)には「ショート・ショートを書こう」、7/7(日)には「エッセイを書こう」を開講します。

どちらの日程も、午前・午後の2回開講なので、1日で2コース分の授業を体験できちゃいます。

学科・コースで迷っている方は、いろんなコースの授業を体験してみてくださいね。

 

各回、定員がありますので、お申し込みはお早めに◎

皆様のご参加、心よりお待ちしております〜!

 

 

京造を体験『1日体験オープンキャンパス』

日時:6/9(日)、7/7日/10:00-16:30(受付は09:30〜)

開講時間:午前の部・10:20-12:00

  •      午後の部・13:30-15:10

詳細・お申し込み:https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-09_07-07/

 

 

 

(スタッフ・大賀)

 

 

 

 

 

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。