文芸表現学科

2020年6月

  • LINEで送る

2020年6月19日  ニュース

群像7月号に江南先生の書評が掲載されています!

群像7月号

 

6月5日に発売された「群像7月号」に、江南先生の書評が掲載されています◎

掲載されているのは、批評総特集『「論」の遠近法「危機の時代」の先にある、(いくつかの)バニシング・ポイントを見つめる。』。

 

そのなかで、江南亜美子先生は、小説『pray human』(崔実(チェシル)著)についての論考を記されています。

書評のタイトルは「ふたたび世界へと戻ってくるために」。

*「ことばにするとはなにか」という『pray human』が

 

世界への問いから言葉が生まれ、言葉が集まり、本が生まれる。

そして、本を読み解いて、別の本の言葉に収められていた問いと考えが紐付き、新しい考えが生まれ、世界に還っていく。

 

 

江南先生の書評をはじめ、群像初登場の今村夏子さん小説「とんこつQ&A」、

中原中也賞を受賞した井戸川射子さんの初小説「膨張」などなど、

文芸表現を深く味わえる号ですので、たくさんの方に読んでいただければと思います。

 

ぜひ、ご購入の上、ご覧くださいませ。

 

 

 

群像7月号

群像 2020年07月号

雑誌
出版社:講談社
ASIN:B08975268L
発売日:2020/6/5
価格:¥ 1,300(税込)

 

 

*1 カロ著/『なぜならそれは言葉にできるから』(みすず書房)より

 

 

 

 

 

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−

 

 

 

 

大学イベントのお知らせです◎

 

6月21日(日)に、「先生・在学生が答えるーオンライン相談会」を開催いたします。

文芸表現学科 クリエイティブ・ライティングコースについて、

そして、文芸表現について。

皆さんからの質問とご相談には、在学生と、文学研究家で学科長の河田先生

そして、書評家の江南先生がお答えいたします◎

 

当日の飛び込み参加も大歓迎◎

皆さんのご参加を、心よりお待ちしております〜!

 


200621_個別相談会
■先生・在学生が答えるーオンライン相談会
カメラオフ、質問はチャットでOK。

文芸表現学科 クリエイティブ・ライティングコースへの相談・疑問に、

先生・在学生がお答えします◎

 

日程:6/21(日)

時間:午前の部・10:00~11:00

   午後の部・13:00~14:00

  (各部、10分前にはZoomURLからログインください)

ホスト:河田学(学科長・文学研究家)、江南亜美子(書評家)、文芸表現学科在学生

詳細:https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/news/89

お申し込み:https://entry.s-axol.jp/kyoto-art/step1?f=163

 

 

 

 

7月以降のイベント情報

 

20 OC

■1日体験入学オープンキャンパス(オンライン)
誰でも芸大生になれる特別な2日間!
文芸表現学科の授業、「エッセイを書こう」「ショート・ショートを書こう」を体験できます。
毎回すぐに満席になってしまうので、お申し込みはお早めに◎


日程:7/5(日)「エッセイを書こう」
   8/2(日)「ショート・ショートを書こう」
※オンラインで実施いたします。
※どちらの日程も、午前・午後の時間帯をお選びいただけます。

詳細・お申し込み:https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc07-05_08-02/

イベントへの問い合わせ:京都芸術大学 アドミッション・オフィス

電話受付時間(月曜日~土曜日 09:00~17:30)

0120-591-200(アドミッション・オフィス直通)

 

 

 

 

 

(スタッフ・大賀)

 

  • LINEで送る

2020年6月18日  学生紹介

2年生・斎明寺さんの取り組みが、瓜生通信(WEB)に掲載されています◎

200618-斎明寺さん瓜生通信

 

2年生・斎明寺藍未さんの取り組みが、瓜生通信(WEB)で取り上げられています。

 

 

大きな視点からのニュースや情報で埋もれてしまった、

ひとりひとりの感情や望みを拾い上げ、残したい、と

自主的に約160名へのアンケートを行い、「*note」でコラムを作成した斎明寺さん。

 

課せられた題ではなく、自ら見つけた「問い」に答えようと、

自主的に「ことば」で出来ることに向き合った彼女の取り組みからは、

文芸表現で学ぶ「取材」「編集」「ライティング」など、文芸表現の技術を垣間見ることができます。

もちろん、この技術は「創作(フィクション)」の分野でも発揮されるものです。

 

そして、技術だけでなく、何を見つめ、どう考え、答えを導き出すのか、

自身で考え行動をする「つくる人」になっていく心の動きも記されています。

 

 

「つくる人」になる一歩を踏み出した斎明寺さんのコラムを、瓜生通信の記事と合わせて、

文芸表現に興味も持ってくださっている皆さんにも、ご覧いただければと思います。

どうぞ、ご覧ください◎

 

 

 

■瓜生通信Webマガジン版

マガマガ・メモリー ―「会えない」をつなぐ。160名へのアンケートで聴く、“若者”の今。

https://uryu-tsushin.kyoto-art.ac.jp/detail/643

 

 

 

*「note」とはクリエイターが文章やマンガ、写真、音声を投稿することができ、ユーザーはそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。

 

 

(スタッフ・大賀)

 

 

 

 

 

 

イベント情報−−−−−−−−−−−−−−−


200621_個別相談会
■先生・在学生が答えるーオンライン相談会

文芸表現学科 クリエイティブ・ライティングコースについての相談・疑問に、

先生・在学生がお答えします◎

 

日程:6/21(日)

時間:午前の部・10:00~11:00

   午後の部・13:00~14:00

  (各部、10分前にはZoomURLからログインください)

詳細:https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/news/89

お申し込み:https://entry.s-axol.jp/kyoto-art/step1?f=163

 

 

20 OC

■1日体験入学オープンキャンパス(オンライン)
誰でも芸大生になれる特別な2日間!
文芸表現学科の授業、「エッセイを書こう」「ショート・ショートを書こう」を体験できます。
毎回すぐに満席になってしまうので、お申し込みはお早めに◎


日程:7/5(日)「エッセイを書こう」
   8/2(日)「ショート・ショートを書こう」
※オンラインで実施いたします。
※どちらの日程も、午前・午後の時間帯をお選びいただけます。

詳細・お申し込み:https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc07-05_08-02/

 

 

 

 

イベントへの問い合わせ:京都芸術大学 アドミッション・オフィス

電話受付時間(月曜日~土曜日 09:00~17:30)

0120-591-200(アドミッション・オフィス直通)

 

  • LINEで送る

2020年6月12日  イベント

先生・在学生が答えるーオンライン相談会を開催します◎

200621_個別相談会

 

6月21日(日)に「先生・在学生が答えるーオンライン相談会」を開催します◎

 

 

文芸表現学科 クリエイティブ・ライティングコースについて、

どんな授業をするの?
学科・コースの雰囲気は?
受験対策はどんなことをすればいい?
卒業生はどんなところに就職している?
大学と専門学校での学びの違いは?

などなど。

みなさんの疑問に、先生・在学生がお答えします◎

 

当日はオンライン会議ツール「Zoom」を使用しますので、お家からご参加いただけますよ〜!

事前に大学からお送りするURLをクリックするだけでご参加いただけますので、

Zoomが初めての方もご安心くださいね◎

 

みなさんからの質問は、チャット機能で受け付けますので、

顔出しオフ・音声オフ・視聴のみでの参加もOK!

 

少しでも、文芸表現学科に興味を持ってくださっている方は、ぜひご参加ください。

午前・午後と開催するので、最大2コースまで参加可能。複数のコースで迷っている方もおいでませ◎

なお、定員がありますので、お申し込みはお早めに。

 

みなさんのご参加を、学科一同、心よりお待ちしております!

 

 

 

 

 

先生・在学生が答えるーオンライン相談会

日程:6/21(日)

時間:午前の部・10:00~11:00

   午後の部・13:00~14:00

  (各部、10分前にはZoomURLからログインください)

詳細:https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/news/89

お申し込み:https://entry.s-axol.jp/kyoto-art/step1?f=163

 

 

問い合わせ:京都芸術大学 アドミッション・オフィス

電話受付時間(月曜日~土曜日 09:00~17:30)

0120-591-200(アドミッション・オフィス直通)

 

 

 

(スタッフ・大賀)

 

 

1280x720_topgb_03132

  • LINEで送る

2020年6月11日  ニュース

『熊本くんの本棚』が『ダ・ヴィンチニュース』で連載されています!

熊本くん

梅雨入りをした京都からこんにちは。

スタッフの大賀です。

今日は卒業生の活躍をご紹介いたします◎

 

 

WEBサイト「ダ・ヴィンチニュース」で、

クリエイティブ・ライティングコース1期生・キタハラさんの初単著、

『熊本くんの本棚 ゲイ彼と私とカレーライス』(KADOKAWA)の連載がはじまりました◎

 

■ダ・ヴィンチニュース/熊本くんの本棚 ゲイ彼と私とカレーライス

https://ddnavi.com/serial/kumamotokun/

 

 

 

人を理解する、ということは、どういうことなのか。

「ゲイ」や「イケメン」といった形容の言葉から人をとらえるのではなく、

時間はかかったとしても、その人の発する言葉や存在を観て、その人を知る愛おしさを味わえる作品です。

 

物理的に人と人とに距離のあるこの時期にこそ、ぜひ一読してみてほしいです。

連載は作品の一部分なので、お手元にも一冊。

みなさんの本棚にもお迎えいただければと思います◎

 

 

 

 

 

 

 

■書籍情報

熊本くん

 

キタハラ 初単著

『熊本くんの本棚 ゲイ彼と私とカレーライス』
著者   キタハラ/Twitter @kitahararirure
イラスト 慧子/Twitter @um7mr1
定価   1,320円(本体1,200円+税)

発行   KADOKAWA
発売日  2019年12月13日
判型   B6判
商品形態 単行本
ISBN    9784040734668

 

 

 

 

(スタッフ・大賀)

 

 

 

 

 

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。