空間演出デザイン学科

2020年8月

  • LINEで送る

2020年8月28日  授業風景

合評風景 – guest : studio note 寺山紀彦 氏 –

 

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

 

今週で前期授業も最終となり、全学年で最終合評が行われています!

 

今回は、空間デザインコース3回生の合評風景を紹介します◯

 

 

 

//////////////////////////////////

 

 

 

『 空間デザイン演習Ⅲ 』

 

担当は昨年同様、吉行良平先生です

 

▶︎▶︎ 吉行先生:吉行良平と仕事

 

 

日常のふつうと呼ばれる状況を、多様なあるいは微細な視点から観察し、そこでのもののあり方や人の行為から、既存の意味に限定されない新たな意味が見出されることを理解する。

それをもとにデザインを起こしていくことで、これまで気づかれてこなかった新たなものの存在が見いだせることを学んでもらいたい。

 

そして、そこから形成されるプロダクトは、人の行為を誘発し、新たな意味を生成するものであり、日常を豊かにしながら、社会の中で新たに機能するデザインとなっていく。

 

という授業目的の中、学生らはいろんな実験課題を通して、

今回の対象を選び出し、分析や実験を繰り返してきました。

 

 

 

今回の最終合評は、そういった過程を得て完成したもの・または現在状況(進行形)をプレゼンしていました!

 

 

 

ゲストも昨年同様、studio noteの寺山紀彦さんです!

 

▶︎▶︎ 昨年の授業風景  check!

 

 

 

作品を一部紹介

 

 

サイフォンコーヒーのかたちに着目したところから、形状を分析していきます

2

ペレットと呼ばれるプラスチック粒子を使って形成作業の繰り返し

3

この学生さんは現在の着地点として「花瓶」としていましたが、

吉行先生と寺山さんは、あえてモノに着地せずにもっと作ることを繰り返してもいいかも、

かたちに興味があったなら、このまま続けたら新しいナニカを発見できるかも と、、、

 

現在の成果物にもコメントを出しつつも、モノつくりの思考を終わらせないという考え方がお二人らしく、新鮮に感じました

 

 

なにか着地点を設けることは大事だけど、続ける・突き詰めるという考えもモノ作りには大切ですね!

 

 

 

 

 

 

こちらは縄ないに興味をもち、鴨川沿いの雑草から縄ない制作の実験

(縄ない:ねじりをかけた2本のワラ束を巻き合わせて1本の紐にすること)4

 

ワラ以外にも縄ないに最適な草はあるのかどうか

 

日常にある草から縄を作ることができれば、非常時の際にも生きる術として活用できる!

 

とっても空デらしい考えの制作結果です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授業内で吉行先生がおっしゃっていましたが、

 

できていないことをネガティブに捉えず、

先の可能性を考えて、とにかく作り上げていく

 

そういった行為が大切だとおっしゃっていて、はっとしました。

 

 

 

合評など多いと、課題が重なって思い通りに課題が完成できず、マイナスに捉える人が少なくありません。

 

完成できたら一番いいのかもしれないですが、

 

時には「完成している」ということよりも「今後をどう見ているか」

 

そういった考えの方が重要になる場面もあるかと思いますね!

 

 

 

作り続けると、どこかで新しい視野が開けて、さらにおもしろい試みを発見することがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合評終了後には、寺山さんより講評いただき、上位優秀者には作品プレゼントが!

 

寺山さんがデザインされたプロダクト作品を贈っていただきました!!

 

 

▼awa glass

 

砂時計のガラスの中に、シャボン玉溶液を閉じ込めた、泡との時間を楽しむ泡時計。

泡がつくられる時の音がとっても気になります、、

 

 

スクリーンショット 2020-08-28 11.36.22

 

 

 

▼ 花定規( f,l,o,w,e,r,s )

 

野原に寝転んだら、等間隔に並んだ花で身長が計れる、という発想から生まれた1cm感覚で並んだ花定規

 

発想がとってもロマンがあって素敵ですよね、

サイトでもご覧になれますが、定規の側面から見ても素敵な表情のアイテムです。

 

スクリーンショット 2020-08-28 11.36.05

 

 

 

掲載元:studio note

 

 

 

 

めでたく選抜された学生らも喜んでいました、、、

 

学生らへの授与は後期になりますが、とっても羨ましいプレゼントです。

 

皆さんの頑張りですね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、次回も合評風景や最終課題作品を紹介できたらと思います!

 

お楽しみに!!

 

 

  • LINEで送る

2020年8月24日  イベント

SOU・SOUゼミのオンラインストアがオープンしました。

こんにちは、空デ研究室です。

暦の上ではすっかり秋ですが、まだまだ暑い日が続きますね。

 

さて、FDコース3回生の授業「空間演出デザインⅠ」内の「SOU・SOUゼミ」では毎年、

数字のテキスタイルでおなじみのブランド”SOU・SOU”と合同で「貫頭衣」の制作を行っています。

ゼミでは「雲水」をテーマに、学生たちがそれぞれの価値観で模様を描き100を超える数を制作しました。

 

 

_DSC0118

_DSC0123

▲商品写真の撮影も学生が行いました。

 

 

なお、今年は現在の情勢を踏まえてオンラインでの商品販売となります。

特設サイトはこちら↓

 

キャプチャ1

SOU・SOUゼミ オンラインストア

https://kuasousou.stores.jp/about

 

サイトは期間限定での開設となります。

現在、有難いことに続々とご購入頂いておりますので、ご興味のある方は是非お早めに覗いてみてください!

 

また、今回のオンラインストアプロモーションの一環として学生が開設したインスタグラムのアカウントもあります。

是非チェックしてみて下さい。↓

 

SOU・SOUゼミ インスタグラム

https://www.instagram.com/sou.sou.kuad/

 

  • LINEで送る

2020年8月21日  授業風景

3回生 / 亀岡ゼミの制作物紹介☆

 

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

 

 

前期授業も残り1週間となりました!

5月より遅れながら始まり、あっという間な前期でした。。。。

 

今週より各授業では合評や最終課題ウィークへと突入し、学生みんなの忙しさも拍車がかかっています!

 

 

 

今回は、前回も紹介しました3回生選択ゼミ「亀岡ゼミ」の紹介です◯

 

 

 //////////////////////////////////////////

 

 

今年度の制作物は、、、、

スクリーンショット 2020-08-21 12.37.32

 

 

こちら!

 

 

 

 

『  kame hako  』

 

 

 

 

学生たちが亀岡のよさを調査・発見し、

まだ知られていない場所やモノを詰め込んだギフトボックスをプロデュースしました!

 

 

パッケージやロゴ、内容物のデザインなど全て学生らで考案!

 

 

キャッチーな見た目も素敵ですね。。

 

ギフトを包む風呂敷も学生らがデザイン・制作しました!

 

 

スクリーンショット 2020-08-21 12.37.40

透け感ある素材が、今の季節にもぴったりですね。

 

ちょっとしたお土産を渡しに行く際のお包みにも使ってもらえますし、

エコバッグが必須になっている現在、普段遣いにも活躍しそうですね!!!

 

 

 

 

気になる柄ですが、、、

 

スクリーンショット 2020-08-21 12.38.04

 

 

” kame hako “のロゴにも使用されている、若竹を用いての柄になっています。

 

 

品を感じる柄ですよね。

 

 

 

 

 

気になるボックスの中はこちら!

 

 

・亀岡のお野菜(レシピ付き)

 

・そば打ちセット

 

・霧の写真集

 

・霧スクラッチ

 

 

 

 

 

そば打ちセットはなんと綿棒もセットになっています。

 

スクリーンショット 2020-08-21 12.38.40

「そばこ」「うちこ」の文字も学生が制作

いい雰囲気ですね!

 

 

スクリーンショット 2020-08-21 12.38.24

▲美味しいお蕎麦になりますよ!

 

 

 

 

 

 

こちらの” kame hako “は、先着20名の方へ販売発送。

 

8月28日の最終授業日に、そば打ちの動画を購入者様へ配信し、ご家庭へ亀岡の美味しい味をお届けします!

 

 

 

 

 

 

 

 

学生らが立ち上げました、公式Instagramもあります!

 

ぜひ「@kame_hako」で検索してみてください!

 

 

https://www.instagram.com/kame_hako/

 

スクリーンショット 2020-08-21 12.36.42

資料請求

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2020年8月21日  授業風景

授業紹介「ファッションデザイン演習Ⅲ」

こんにちは、空デ研究室です。

今回は、先日行われたファッションデザインコース3回生の授業「ファッションデザイン演習Ⅲ」の風景をご紹介いたします。

 

この授業では各学生が架空の「ブランド制作」に取り組みます。

単に服やファッションアイテムを作るだけでなく、ブランド名からロゴ、その根底にある「ブランドが目指す理念」や広告展開まで、ブランディングを含めた全ての要素を考えていくのが「ブランド制作」なのです。

 

キャプチャ1

今週の授業ではzoomを介してそれぞれの自宅等からプレゼン(合評)が行われました。

 

 

 

 

キャプチャ7

こちらは大量に廃棄され問題となっている、衣服に使われる布の「切れ端」を再利用したブランド。

透ける素材と組み合わせることにより、独特の模様を表現しています。

 

キャプチャ4

こちらのアイテムには空き缶の「プルタブ」が使われています。

元がアルミ缶だったとは思えないほどオシャレなデザインで、教員からも高評価でした。

 

キャプチャ6

こちらはブランドが広告展開の中で使うDM(ダイレクトメール)。

害獣として駆除された熊の毛皮を使ったブランドということで、ハガキに空いた穴が熊の駆除に使われる「銃弾」を彷彿とさせるデザインとなっています。

 

 

 

 

いよいよ前期も終わりに差し掛かっています。学生の皆さんにとっても大変な数か月間だったかと思いますが、今回紹介できなかった作品も含めて、課題制作に対する熱意は全く失われていないことを感じることができました。

これからも機会があれば授業紹介の記事をアップしていきたいと思います。

 

それでは、暑い日が続いておりますので体調にはくれぐれもお気をつけてお過ごしください!

 

  • LINEで送る

2020年8月5日  イベント

体験授業への参加ありがとうございました!

 

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

8月2日は、今年度2度目の体験授業でした!

対面型の直前での変更もありましたが、今回も多くの高校生の皆さんにご参加いただきました!

ありがとうございます!

 

 

簡単ですが、授業の様子を紹介です★

 

 

まずは空間デザインコース

 

 

『 コミュニケーションとしてのディスプレイをつくろう 』

 

1回目だった7月の体験授業では、空間を平面から考えて制作していきました。

2回目の今回は、立体で考えて他者にメッセージを伝えます

 

ティッシュ箱を使い、わがまちの良さを他者に伝えるために立体空間を制作しました。

 

わがまちの良さを考え選択し、それらの要素を紙を使って立体に起こしていきます。

 

 

レンコンが特産だから「レンコン記念日」

桜が毎年きれいに咲いて住人を癒しているから「さくら記念日」 など

「◯◯記念日」というテーマのもと制作してもらいました!

 

 

▼先生方のお見本

(Zoom画面ですので、画質が少し荒くすみません)

 

スクリーンショット 2020-08-04 14.51.02

スクリーンショット 2020-08-04 14.53.16

 

 

お住まいの地域の特産物や有名スポット、または時代背景など、扱う要素はさまざま。

 

参加者の皆さんからも、独自な視点でよさを切り出し、発表する方もいました!

(お顔がどうしても映ってしまうため、高校生の皆さんの作品を紹介できませんが、素敵なディスプレイ作品が多かったです!)

 

 

 

今回の授業の「ねらい」はこちらの4点!

 

1. 自分なりの視点で考えてみる

2. 空間づくり、ものづくりの楽しさを知る 

3. 言葉をかたちにする面白さを知る

4. 面白さを皆で分かちあう

 

 

作ったものだけで伝わることもありますが、

最後にきちんと言葉で伝えることも重要なコミュニケーションとなります!

 

受験生の皆さんは、こういったことも勉強ポイントかと思いますので意識的に過ごしてみましょう!

 

前回のブログにて、入試にむけた勉強方法を先生より紹介いただいていますので、

ぜひチェックされてくださいね◯ → CHECK

 

 

 

 

 

 

 

さて、続いてファッションコース

 

 

 

『 ペーパーワーク  〜レシートを使って1dayジュエリーを作ろう!〜 』

 

 

全ての体験授業を通し、ファッションを学び、さらにそれを社会へとつなげるソーシャルデザインへ応用することを学習します。

 

今回は、お買い物をしたらもらえる「レシート」を使ってのワーク。

 

授業のねらいはこちらの3点

 

1. 素材の特徴を掴む

 

2. 身につける人を考える

 

3. 自分の考えを伝える

 

 

 

レシートは感熱紙でできていることが一般的です。

そういった素材の特徴を知り、分析したり生かす方法を見つけ出すのも、ファッションを学ぶ大事な要素ですね。

 

また、ファッションアイテムやジュエリーは身につける人がいます。

制作したものを身につけた人はどんな風に変われるか、他者のことを想像することも重要です!

 

 

 

▼先生方のお見本

 

スクリーンショット 2020-08-04 15.20.15スクリーンショット 2020-08-04 15.20.35

 

レシートから指輪やバングル!

 

 

2枚目は特徴である感熱性を生かし、黒く変色されています。

 

 

 

 

 

参加者の高校生も、きれいな薔薇の指輪を完成させていました!

ボリューミーな薔薇がアクセントになっていいですね。

 

スクリーンショット 2020-08-04 15.02.44

 

ただただファッションを学ぶだけでなく、

 

 

なぜ作るのか

 

なぜこのようなデザインになった/した のか

 

これによってどう変化してほしいか

 

 

 

それらを通じて、他者とのコミュニケーションや、社会に対してのアクションについて学んでいきます。

(両コースに言える要素かもしれませんね)

 

 

 

 

 

 

 

今月は8月29日(土)・30日(日)にもオープンキャンパスを控えています!

 

 

 

 

スクリーンショット 2020-08-05 12.33.25

 

 

コロナウイルスがまだまだ警戒されますので、今後の動きはOCサイトにてお知らせになるかと思います。

情報を見逃さないよう、ぜひチェックの程お願いします!!

 

 ↓

 ↓

 

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc08-29_08-30/

 

 

 

 

 

 

 

また体験授業のアンケートでいただきました質問は、どこかのタイミングでこのブログにて回答しますので、お待ちください◯

 

1280x720_topgb_03132

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。