舞台芸術学科

2020年9月

  • LINEで送る

2020年9月22日  ニュース

【夏期集中授業・映像】夏を駆ける学生

 

 

こんにちは、

舞台芸術学科研究室です。

そろそろブログを更新せねばと思っている間に九月になりました。

 

 

 

前期の授業が終わり、夏期集中授業もあっという間に終わりました。

1-5限までを約1週間通しで受けるかなりハードなスケジュールですが、より密度の高い授業を受けることが出来ます。

 

 

 

今回は夏期集中授業の中から、映像の授業を紹介します。

東京よりお越しいただいた映像チーム、トーキョースタイルの方々による授業で、

 

舞台公演での映像デザインとオペレーションを念頭に、映像機材の基本的な操作だけではなく、

空間に映像をうつしだすためのアイディアの出し方を、ワークショップや課題製作を通して学ぶ。”

 

ということをテーマに行われました。

 

 


IMG_8079

 

 

 

授業を受けるのは主に二回生、

舞台芸術学科には映像に興味のある学生も多いですからとても有意義な学びの時間になっていることと思います。

 

 

 

 

 

 

IMG_8108

プロジェクターを吊る様子

 

 

 

 

学生がしてみたいことをプレゼンし実際に仕込んでいきます。

赤外線カメラを使ったマッピング、床面への投影、中には、和太鼓への映像投影をしてみたりなどなど、

実験的な企みが色々と行われていたようです。。。

写真でドンドン紹介していきます。

 

 

 

IMG_8140

IMG_8171

IMG_0822
IMG_0824 IMG_0825 IMG_0826 IMG_0828

 

 

 

 

映像表現は役者のパフォーマンスと密接にリンクする事も多いのでその実験も行われていました。

学生のみなさん、いかがだったでしょうか?盛りだくさんに色々と学べたのではないでしょうか。

今回トーキョースタイルさんが色々と機材を持ち込んでくださり、充実した内容だったかと思います。

学科では所有していないレンズや初めて見る機材も多く、興味深かったです。

 

IMG_8178

 

 

 

 

 

 

IMG_8177

↑赤外線を出す機械と赤外線だけを感知するカメラ。他にも変わったプロジェクターのレンズなども仕込むことが出来ました。

 

 

以上、映像の夏期集中の様子を一部紹介しました。

 

学生たちは夏を駆け抜けています。

研究室メンバーも教員も一緒に駆け抜けますので

がんばっていきましょう!

 

 

 

 

 

 

おまけ

上:夏を駆ける学生たちと、下:全然駆ける気のない猫(最近太った)です。

 

 

IMG_8098

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8185

資料請求

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。