美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年5月17日  授業風景

【基礎美術コース1・2年生】

京都造形芸術大学の美術工芸学科は基本的に前期を3ブロック、後期を3ブロックに分けて授業を行っています。
今日の517日は前期の最初のブロックの最終日でした〜。

 

1年生は珠寳先生の立花の授業。立花の基本だけでなく、礼儀や立ち居振る舞いや所作も学びました。滋賀県の蓬莱の竹林まで材料を自分たちで取りに行き、その竹を使用して花入を手作りしました。杜若を観察するために水生植物を専門に扱う杜若園芸さんを訪れたりもしました。最後の課題は自分が作った花入に花を生けて、プレゼンテーションをします。

最終的に出来上がった作品は一年生と思えないくらいクオリティの高いものでした。この一年生が、今後どのように育っていくのか本当に楽しみです。

 

2年生は佐藤峰雄先生の漢詩の授業。最初から漢詩をスラスラと読める学生はもちろんいません。美術大学の学生向きに、まずは造形的な要素の強い自分の印を作る篆刻の授業から入りました。そうやって徐々に漢詩の世界に入っていきながら、最終的にはすべての学生が自分で漢詩を詠むことができました。みんなで詠んだ漢詩は漢詩集としてまとめましたが、今年は詠んだ漢詩にまつわる絵も一緒に描きました。「さすが美大生」と佐藤先生も喜んでいました。

 

次のブロックは1年生は美術工芸学科の他のコースの授業を取れるファンデーションの授業。2年生は漆芸の授業が始まります。

今後の基礎美術の授業も楽しみです。

IMG_3447 IMG_3438 c1220ea452baf152c203928d5456563fa_43730668_190517_0043 c1220ea452baf152c203928d5456563fa_43730668_190517_0059 c1220ea452baf152c203928d5456563fa_43730668_190517_0028 c1220ea452baf152c203928d5456563fa_43730668_190517_0009 c1220ea452baf152c203928d5456563fa_43730668_190517_0007 c1220ea452baf152c203928d5456563fa_43730668_190517_0006 c1220ea452baf152c203928d5456563fa_43730668_190517_0001IMG_3455 2 IMG_3468 IMG_3471 IMG_3459 IMG_3457

関連記事

123>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。