基礎美術コース

初めてのロクロ 1年生「茶陶Ⅰ」の授業

こんにちは。日本の伝統文化を幅広く学んでいく基礎美術コースです。

1年生の「茶陶Ⅰ」陶芸の授業が徐々に進んできました。

 

1年生の陶芸の授業ではロクロを使って整形を行います。ロクロ整形は先生がお手本で見せてくれると簡単そうに見えるのですが、いざ自分でやってみると実はかなり難しいです。

 

回転する粘土の中心をきちんと把握できていないと、形がすぐに歪んでしまいます。お茶碗の形にするためにいざ広げていこうとしても広がりすぎたり、逆に慎重にしすぎてなかなか形が広がらなかったりと初めてのロクロにみんな悪戦苦闘していました。

しかし、日にちが経っていくうちにだんだんと慣れていきたのか、お茶碗らしい形が作れるようになってきた学生も出てきました。

このまま良い作品を作ってほしいです。
先生のお手本をじっと見る学生たち

 

11月も高校生のためのイベントが行われます。

はじめての学校見学会 11月7日

高校1,2年生向け。進路に向けて初めの一歩を踏み出すためのイベントです。基礎美術コースは「推しの浮世絵[推し世絵]を見つけよう 〜はじめての浮世絵鑑賞〜」というタイトルのイベントを担当します。

事前予約制となっています。詳細は以下のURLまで↓

https://hs-lp.kyoto-art.ac.jp/attend/lp/hajimana21_1107?_ga=2.224469470.592064089.1633594546-996871597.1629263464

<12345>