美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年7月23日  授業風景

【基礎美術コース】2年生 茶陶の授業

2年生の前期の最終課題は茶陶です。
1年生の時にも赤楽茶碗を作りましたが、今回は飴釉の茶碗を作ります。
担当は清水志郎先生と山口有加先生です。

 

自分で瓜生山で取ってきた土を使って手びねりで茶碗を形成し、自分で拾ってきた石を砕いて釉薬として使い、完全オリジナルの茶碗を作ります。

1年生の時にもお茶碗を作っているため慣れてきた部分もありますが、一方で取ってきた土や石の具合が上手くいかず手こずっている学生もいます。出来合いの土や釉薬を使用していないので上手くいかないのは当たり前。この試行錯誤がタフな精神力や自分で工夫してものを作っていく態度を養います。

 

今週がいよいよ最終週。みんながんばれあとちょっと!
どんなお茶碗ができるのか楽しみです。

IMG_4076IMG_4077 IMG_4396 IMG_4392 IMG_4303 IMG_4301 IMG_4299 IMG_4084 IMG_4078 IMG_4087

関連記事

<1234>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。