空間演出デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年9月26日  授業風景

【FD1回生】デザイン表現基礎B

 

こんにちは、空デ研究室です◯

 

後期授業、1回生ファッションデザインコースも紹介します!

 

 

 

ファッションデザインコース1回生後期からは、

デザイン表現の授業が始まりました。

 

『デザイン表現基礎B』

 

こちらは「服飾デザイン表現基礎 」をテーマに、

後期授業を大まかに前半・後半に分け取り組んでいきます。

 

プロポーション・素材の質感など服飾デザインの表現技法を身に付けるため、

さっそく今日は『ファッションドローイング (デザイン画)』を書いていくことから始めます。

 

 

_DSC0034

_DSC0036

空間演出デザイン学科を卒業された鷲尾先生が担当です

 

_DSC0040

 

デザイン画を描く時のポイントをおさえ、

友達を実際に描いてみます。

 

_DSC0043

鉛筆を軸に、全体のバランスを考えつつ、人物ドローイングに挑戦◯

 

真剣な表情で、時間以内に黙々と描いていきます。

ドローイングの基本をおさえ、今後の応用へと繋げていきます。

 

_DSC0047

_DSC0050

 

 

_DSC0052

 

ファッションコースでも、頭の中で描いているイメージやアイデアを視覚的に表現し、

人に伝える能力を持つことが重要となっていきます。

 

 

 

_DSC0075

ちなみに

 

▲こちらは前期授業にて1回生がチームを組み、制作したブラウスになります!

いろんな生地を組み合わせ、独創的な仕上がりに。

 

前期ではこちらの他にも各自ブラウスの制作を行いましたが、

後期ではデザインを表現し伝える力や、パターンメーキングを学んでいきます。

 

服飾デザインに於いてイメージしたデザインを具現化するための重要な表現方法やプロセスである、

パターン(型紙)の精度は作品の完成度に大きく作用するので大事なポイントですね。

 

 

基礎を積み重ね、個性豊かな1回生の今後の成果物が楽しみです◯

 

 

 

 

 

 

関連記事

<89101112>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。