環境デザイン学科

学生紹介

  • LINEで送る

2020年6月12日  学生紹介

【第3回 2019年作品紹介】篠原一男・倉俣史朗の空間模型

 

こんにちは、環境デザイン学科です!!

 

前回に引き続き2019年度の学生作品の紹介をしていきます^^

 

 

今回は、「篠原一男・倉俣史朗の空間模型」という課題です!!

 

この課題では、篠原一男もしくは倉俣史朗の作品を模型で忠実に再現することで

 

その作品に存在する、力強い「空間」を分析していきます。

 

 

まず、作品をひとつ選び、資料を探すところから課題はスタートします。

 

資料をもとに、1/20の平面図と展開図を作図し、

 

模型作りに入っていきます。

 

自身で作品について調べ、作図することで、

 

空間の要素を深く知ることができます。

 

 

学生たちは初めての模型作りという事もあり、

 

表現方法や素材感、サイズ感など試行錯誤を繰り返し

 

課題を進めていました!!

 

 

模型作りを通して図面の見方や

 

空間を作り出している寸法について知ることができ、

 

設計課題を行え前の大切なポイントを掴んでいけます。

 

 

 

 

 

では、作品の紹介です

 

 

 

S・Mくん

House in YOkohama2

 

 

M・Sさん

コンブレ1

 

 

 

T・Bくん

IMG_4523

 

 

M・Kさん

シノ・クラ 3

 

 

C・Zさん

1

 

 

C・Hさん

篠原,倉俣2

 

 

R・Yさん

riko1

 

 

 

雑誌に載せられている写真をもとに

 

ショットまで忠実に再現されています!!

 

素材や背景にこだわることで、まるで本物のような模型写真ですね^^

 

 

 

次回は、

 

「巨匠の住宅分析」

 

住宅設計(ミース・コルビジェ・ライト・アアルト)」

 

の2課題です!! お楽しみに

1280x720_topgb_03132

関連記事

<34567>

コース・分野を選択してください

LINK

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。