マンガ学科

授業風景

  • LINEで送る

2012年4月12日  授業風景

外国からのジャパニメーション

はじめまして。
4月からマンガ学科副手になりました、齋藤です。

副手とは学生と先生の架け橋的存在で、
授業の準備をしたり、生徒のサポートをしたり、事務のお仕事をしたりなど
大学をはしりまわっています!

元気にがんばりたいと思いますので
どうぞよろしくお願いします*^^*

さて、前回のブログでお知らせした特別講義が今日行われました。

フィンランドからヘルシンキ大学のエイヤ ニスカネン先生をお招きして、
「外国からのジャパニメーション」についてお話をして頂きました。

chayamanga_blog_637_0

日本が外国から影響を受けてつくられたアニメーション、
外国が日本に影響をうけてつくられたアニメーションを見せていただいて
先生と学生で「ここが日本に似ている!」「ここが○○の国に似ている!」
など作品について意見交換をしました。

とくにわたしが気になった作品は、フィンランドの若い女性アニメーターが
日本のアニメーションに強く影響を受けてつくったという
映画祭の告知用につくられたショートアニメーション「愛の山」です。

周りの景色や家はフィンランドのようなのに、
主人公の男の子はまるでガッチャマンのような画風で、
マジンガーZにでてきそうなロボットが出てきたり、背景が突然3Dになったり
いろんな要素がたくさん盛り込まれていて、すごく不思議な世界観なのに
なぜか何度も見たくなるアートアニメーションでした。

「外国の人から見た日本のアニメーションはこういうもの」というのが
一目でわかりやすい作品だな、と思いました。

 

chayamanga_blog_637_2

逆に、エイヤ先生はアルプスの少女ハイジを初めて見たときに
アニメーションにでてくる風景を見て、
「これはスイスのアニメだ!」と思ったそうです。

実際アルプスの少女ハイジの原作はスイスのお話らしく、
外国の方が本当にスイスのアニメーションだと勘違いしてしまうなんて
日本のアニメーションの描写力はすごいな、と思いました。

アニメーションでもマンガでも
外国だけでなく、いろんな作品を見て自分の作品に取り入れ生かしていくということは
作品の表現方法を広げる大切な要素なんだなと改めて思いました。

授業終了後も、学生たちは
先生に積極的に質問をしにいっていました!

 

chayamanga_blog_637_1

この授業を受けて、またひとつ成長した学生のマンガを読むのがたのしみです◎

関連記事

<465466467468469>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。