映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2020年9月7日  ニュース

土居志央梨さん主演、藤本啓太監督『二人ノ世界』が「なら国際映画祭2020」で上映!!

土居志央梨さん(5期生・「FATHER’S CORPORATION」所属)が主演を務め、多くの映画学科卒業生たちが参加した藤本啓太監督(2期生)『二人ノ世界』「なら国際映画祭2020」で9月19日(土)に上映されます!!

 

02

 

上映は9月19日(土)14時から、「エヴァンス・キャッスル・ホール」です。

 

会場へのアクセスなどの詳細はコチラをご覧ください。

 

上映当日には永瀬正敏さん土居志央梨さんのトークセッションも予定されていますのでぜひご覧ください!!

 

チケット予約はコチラをご覧ください。

 

 

先日お伝えしたように同映画祭の学生映画部門「ナラウェイブ」には村瀬大智監督(10期生)の卒制作品『ROLL』がノミネートされ、上映されますのでぜひこちらもご覧ください!!

 

チケット販売ページ

9/20(日)https://www.ticketpay.jp/booking/?event_id=29024

9/21(月)https://www.ticketpay.jp/booking/?event_id=29025

 

これからも映画学科の卒業生、在学生の活躍にご期待ください!!

 

 

 

 

関連記事

<678910>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。