舞台芸術学科

ニュース

  • LINEで送る

2020年10月27日  ニュース

今年度最初のstudio21公演がはじまります!!『Light the Light』

 

 

こんにちは。舞台芸術学科研究室です。

今回は授業発表公演のお知らせです。

 

感染症対策の観点も考慮しながら学生たちが日々練り上げている授業発表公演がついに一カ月後に迫っています。

 

今年度第一弾は、3回生授業発表ダンス公演です。フライヤーがとてもポップでわくわくします。

お時間ありましたらぜひお越し下さい!

予約方法、公演詳細は下記よりご確認ください。

 

 

===================================================================

ダンスフライヤー+表+完成版1024+jpeg

 

京都芸術大学 舞台芸術学科 2020年度 3回生授業発表ダンス公演
『Light the Light』
作・振付:Mami Hirotaka
【公演日時】
11月21日(土) 開演14時 / 開演18時
11月22日(日) 開演14時
※受付開始・開場は、開演の40分前です。
受付時、混雑防止のため、ご来場時間をあらかじめ指定させていただきます。詳しくは、予約完了メールをご確認ください。
【上演時間】
約45分
【会 場】
京都芸術劇場studio21(京都芸術大学内)
※駐車場はございませんので、お車・バイクでのご来場はご遠慮ください。
【料 金】
無 料(予約のみ)
【座席】
全席指定
※お席はお選び頂けません。お席が満席になり次第、ご予約を締め切らせていただきます。お早めにお申し込みください。
【ご予約】
〇スマートフォンをご利用のお客様は、URLからご予約ください。(フライヤーに記載されているQRコードからも可能)
※文字化けが起こる際は、URL先のもう一つのリンク『こちらから』をタップしてください。
〇スマートフォン以外からお申込みされるお客様は、下記内容を明記の上、メールにてご予約ください。
宛先
件名
『ライトザライト』予約
本文
1.お名前(ふりがな)
2.観覧日時
下記日時から選択してください。
①21日(土)14:00
②21日(土)18:00
③22日(日)14:00
3.人数
4.電話番号
5.住所(市区町村)
6.所属(本学の学生、教職員のみ)
7.同伴者様の情報
お名前 電話番号 住所 所属
※全員分ご記入くださいますようお願いします。
こちらからの返信をもって予約完了といたします。
ご予約の受付は両日ともに11月20日(金)24時までとさせていただきます。
【感染症予防対策のお願い】
感染症予防対策にご協力ください。
大学内への入場の際は、検温・手指消毒をさせていただきます。また、マスクの着用がない場合、入場をお断りいたします。詳しくは『本公演における感染症対策についてのご案内』をご覧ください。
【ダンサー】
五十嵐楓華
川辺恵
菊地しずく
後藤千尋  
周藤紗衣香
田中愛
田中千尋
永田藍子  
堀井咲希
松田栞
三好晨火
安河内咲月
吉田早希
(五十音順)
【スタッフ】
舞台監督   梶原萌 
舞台監督助手 元山七海
美術     山口隼人
照明     相樂優果  宮坂裕香
       目黒菜々子 森本有希子
音響     清水七海  野田紗也子 
映像     馬場晴日  森田千尋  
衣装     深浦綾乃
制作     江上実菜
宣伝美術   清水七海  宮坂裕香
【主催・お問い合わせ】
京都芸術大学 舞台芸術学科
〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
Tel:075-791-8237(平日9時~17時)
     090-8934-7622(公演当日のお問い合わせ先)
Fax:075-791-8113(24時間受付)
butai@kuad.kyoto-art.ac.jp(舞台芸術学科メールアドレス)
http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?author=10(舞台芸術学科ブログページ)


ダンスフライヤー+裏+完成版1024+jpeg 本公演における感染症対策についてのご案内ver2+jpeg

関連記事

123>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。