映画学科

イベント

  • LINEで送る

2013年7月28日  イベント

7月27日・28日 オープンキャンパス開催!

昨日・今日と開催されたオープンキャンパス。映画学科にもたくさんの方々がご来場下さいました。

両日共お暑い中お越し頂き誠にありがとうございます!

 

今回は本学科・高原校舎Aスタジオで実際にセットを建て、撮影・美術・編集・演技のワークショップを行ないました。

 

【映画】7月OC①【映画】7月OC②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のセットは「駄菓子屋」。

美術担当教員の嵩村裕司先生と1回生の学生とで建て込みました。

釘の打ち方から教わり始めた1回生たちがここまで見事なセットを完成させたことに、学生たちの吸収力の凄さを感じました。

ちなみに写真に浮いている白い物体は雪降らしマシーンによる「雪」です。(実際は雪のように見せた泡をなんですよ)

 

01

 

このお菓子たち、本物に見えますか? 実はすべて学生たちが作った偽物なんですよ。

1つ1つとても丁寧に作られているので、近くで見ても触ってみても本物となかなか区別がつきませんでした。

 

そして、いよいよワークショップへ突入です。

 

【映画】7月OC④

【映画】7月OC⑤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の為に作成した脚本(1ページ分)に沿って、役者志望の来場者の方にセット内で演技をしてもらい、

それをカメラで撮影するという模擬撮影を行ないました。

撮影した映像は、右側のモニター(上記左の写真より)よりリアルタイムで見ることができます。

自身の目で見るセットと、カメラを通してみるセットの違いにとても関心されていました。

 

ワークショップにご参加頂いた皆様。

お暑い中、お付き合い頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

 

関連記事

<791792793794795>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。