舞台芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年9月2日  授業風景

【夏期】集中授業第3弾

早いもので、もう9月になりました。

大学はまだまだ夏休みですが、

集中授業は続きます。。。

 

夏期集中授業第三弾が

先週8/26〜8/31の6日間行われました。

ニットキャップシアターの代表で、劇作家・演出家・俳優の

ごまのはえ先生による演技の授業です。

 

週の前半は、レオ・レオ二の絵本『アレクサンダとぜんまいねずみ」を、

ごまのはえ先生の演出で創作しました。

大きな布で登場キャラクターや空間の変化を表したり、 いろいろな打楽器を奏でたり、 短い創作時間とは思えない程、面白くできていました。

大きな布で登場キャラクターや空間の変化を表したり、
いろいろな打楽器を奏でたり、
短い創作時間とは思えない程、面白くできていました。

同じ時期に行われていた、衣裳の集中授業の学生が見に来ていました。 学生同士意見を出し合っています。

同じ時期に行われていた、衣裳の集中授業の学生が見に来ていました。
学生同士意見を出し合っています。

週の後半はそれぞれの学生が自分たちがとりくみたいテキストを探してきて、

いくつかの小作品を創作していきました。

戯曲にかぎらず詩・エッセイ・小説・電子機器の説明書などあらゆる文章をテキストとし、

その言葉を俳優の体を通して空間にたちあげていきます。

それぞれ、自分たちの創作だからか、稽古にも熱が入っています。

それぞれ、自分たちの創作だからか、稽古にも熱が入っています。

教室の入り口を使っての演出ですね。

教室の入り口を使っての演出ですね。テキストが気になります。

ごまのはえさんも熱のこもった指導で、充実した一週間でした。

ごまのはえさんも熱のこもった指導で、充実した一週間でした。

 

 

 

 

 

 

関連記事

<333334335336337>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。