舞台芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年9月7日  授業風景

【夏期】集中授業第4弾

第4弾ということで、夏休みも折り返しでございます。

 

今回の授業は

「専門英語」

9/2.4.5の三日間。

講師には、「オペラ座の怪人(舞台)」「ネバーエンディングストーリー(映画)」などなど、小道具制作者として世界的に活躍されてるキャロライン・ガードナー先生にイギリスからお越しいただきましたー!!

 

この授業は、専門的な英語を学ぶ…というより、専門的な制作を英語で学ぶというニュアンスのものです。キャロライン先生の授業がはじまる事前に、副学科長の平井愛子先生による英語の授業で必要な専門的な単語などはさらっておいて、この3日間で通訳はおきながらですが、英語で仮面(マスク)制作を学ぶという内容です。それも、なかなか本格的なマスクですよ!

 

マスクの型

マスクの型

これが、基本の型!

この型に布などを何層も塗り重ねてマスクを成型します。

専門英語6

そして、各々装飾をしていくのですが、

みんな、かなり真剣に取り組んでいて、とても楽しそうでした~

左がキャロライン先生

左がキャロライン先生

それぞれ、かなりこだわっている様子がうかがえましたし、素敵なマスクができていました。終盤、キャロライン先生と生徒もかなり仲良しになってきて、とてもいい雰囲気で授業がすすめられていました。

上手!!!

上手!!!

ほんと上手ですよね~

立派なマスクができてみなさん満足気でなによりでした~

 

さて、今週は集中授業が3つも同時進行で行われていたので、あと2つもどしどしアップしていきたいと思います~

 

 

副手:かもしま

 

 

 

関連記事

<329330331332333>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。