舞台芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年9月9日  授業風景

【夏期】集中授業第5弾

浪曲師の玉川奈々福先生を

講師にお呼びして、学生たちがオリジナルの浪曲を発表しました。

 

3日間の集中授業ですが、

玉川先生の実演あり、節回しの指導ありで、

短期間で自分だけのオリジナルを創作・披露します。

 

学生たちは、節回しに苦労し、ストーリーに苦心しながらも、

すこしずつ浪曲の心を掴んでいったようです。

 

「お時間まで」という決め台詞のあと、

猫を飼うことになったエピソード

織姫と彦星の言い伝えを拡張したストーリー

オレが殺し屋になった理由などなど

自由な浪曲が披露されました。

ときに歓声があがるユーモアに満ちた時間でした。

 

玉川先生は、浪曲師の心意気とは何か、

舞台に立つとはいったい何なのか、

芸能とは何を指すのか、などを学生たちに伝えてくださいました。

 

学生たちが、掴んだものは大きかったはずです。

DSC02619DSC02586 DSC02591 DSC02583

関連記事

<331332333334335>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。