こども芸術大学

ニュース

  • LINEで送る

2013年7月19日  ニュース

一学期の終わり、そして夏の始まり!

一学期最後の日でした。

朝の会では、様々な発表がありました。

お山の畑の収穫物や、スイカの育ちの写真、赤ちゃんバッタのお墓について、

そして、カプラで作った、山形の東北芸術工科大学の学食の建物。

 

 

そして、大掃除開始です!

こども芸術大学にありがとうの気持ちを込めて、みんなできれいにしよう!とのこと。

みんな、いつも以上に張り切って掃除していました。

 

 

そして、終業式。

 

 

カレンダーで、まずどのくらい・いつまで夏休みがあるのかのお話から・・・。

 

次に、みんなにそれぞれ、『テレビ』にて、夏にやりたいこと・やってみたいことをインタビューしました!

「海に行きたい!」

「プールに入りたい!」

「お友達のお家に遊びに行きたい!」

「花火!」

「バレエの練習をする!」

 

最後は、田中校長先生からのごあいさつ。

皆さん、この夏休み、めいいっぱい新しい出会い、発見や挑戦をしたり、

色んな場所に行ったりと、楽しんでください!

ハッピーサマーバケーション!

(大貫)

関連記事

<214215216217218>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。