こども芸術大学

授業風景

  • LINEで送る

2013年7月17日  授業風景

光の力で瓜生山を描こう 2

前回に引き続き、写真に詳しい本学の中山博喜先生と創作の時間を行いました。

その1はこちら↓

http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=10153

今日は、大きな大きな紙を持ってきてくれました。

IMG_8915

その紙に、先週撮った写真を貼って、みんなで瓜生山を描きました。

 

IMG_8932 IMG_8954

光が描いてくれた絵。

その上から、ゆっくり確かめながら自分の手で描いていました。

IMG_8952 IMG_8955

さあ、それを立ててみました!

IMG_8984

じゃじゃ~ん。

長いです。大きいです。

みんなが描いた瓜生山には、何があるでしょうか。

一つ目小僧や、サメを食べるクジラや、鹿の足跡、フン・・・。

IMG_8993

なんで影ができるの?

なんで形が写るの?

光と影。 みんなで、たくさんの不思議を感じました。

IMG_9006

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

<215216217218219>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。