こども芸術大学

授業風景

  • LINEで送る

2013年7月4日  授業風景

光のちからで瓜生山を描こう

このキラキラの笑顔の先には、何があると思いますか?

IMG_8366

それは、「魔法の紙」!

これに光を当てて少し待つと・・・、何と絵が浮き出てくるのです。

そうです、これは感光紙。

今日の創作の時間は、写真に詳しい本学の中山博喜先生と一緒に光で遊びました。

IMG_8363

「こんなんどお?」  「ええんちゃう?」

IMG_8418

「い~ち、に~い、さ~ん・・・」

IMG_8416

アイロンをあてると・・・

IMG_8424

じゃじゃ~ん!   絵が出た!!

IMG_8425

他にもいろいろ!

IMG_8465 IMG_8499IMG_8481 IMG_8491

感光してしまう前にアイロンあてなくっちゃ!

走る!!

IMG_8455

こっちも走る!

IMG_8477

あれあれ? 何してるの?

IMG_8525

だ、大丈夫・・・? おなか痛いの?

IMG_8524

大丈夫、大丈夫。

IMG_8528

ほ~らね。 できた。

IMG_8530

こんなのもできた!

IMG_8522 IMG_8521 IMG_8519 IMG_8514

IMG_8513

光が描いてくれた絵の上から、絵を描きました。

IMG_8561 IMG_8566 IMG_8550 IMG_8528 IMG_8542

今日は、不思議がいっぱいの創作の時間でした。

 

 

 

関連記事

<216217218219220>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。