映画学科

「ぴあフィルムフェスティバルin京都」閉幕、映画『ばちらぬん』クロージング上映!

昨日(1/16)京都文化博物館で開催されていた「ぴあフィルムフェスティバルin京都」が最終日を迎え、クロージング上映として『ばちらぬん』が上映されました。会場には非常に多くのお客さんがご来場くださいました。

 

 

上映後の舞台挨拶では、東盛あいか監督と、出演の三井康大さん、石田健太さん(三人共11期生)が登壇。三人は、東盛監督の出身地で『ばちらぬん』の舞台でもある与那国の着物ドゥタティとクバ笠という姿で会場を盛り上げました。

 

 

質問コーナーでは、非常に多くの方々からの質問や、映画への感想が飛び出し、与那国出身でこの映画の存在を知って駆けつけたという方もおられました。

 

左から、三井康大さん、東盛あいか監督、石田健太さん

 

 

これからも、映画『ばちらぬん』がお客さんと与那国を繋げるように広がっていく予感に充ちた、ぴあフィルムフェスティバルin京都の上映でした。映画『ばちらぬん』は年内の全国公開が決まったようです。KUABLOG映画学科のニュースからもまたお知らせしたいと思います。

映画『ばちらぬん』と、卒業生達の活躍にご期待ください!

 

 

 

ばちらぬんDSTUDIO紹介サイトはこちらです。 → https://www.takahara-dst.com/artwork/bachiranun/

43回ぴあフィルムフェスティバルでは、『ばちらぬん』がPFFアワード2021グランプリを受賞し、工藤梨穂監督の最新作『裸足で鳴らしてみせろ』が完成・発表されました。映画学科のポータルサイトD STUDIOでは工藤梨穂監督・東盛あいか監督にインタビューを行うほか、お二人による対談、そしてこれまで京都芸術大学映画学科が輩出してきたPFFアワード入選作品をまとめた予告篇集を公開しています。内容もかなり充実していますので、皆さまぜひD STUDIOをご覧ください!!

 

 

<2627282930>