美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年10月1日  授業風景

【染織テキスタイル】私、今日から母になる!

染織テキスタイルのガールズ28名は、今日から母になりました。

息子なのか、娘なのか、オスなのかメスなのか、全く区別がつきませんが…。

蚕の幼虫です。

卵の段階を0齢と呼ぶそうですが、この子たちで4齢だそう。

 

 

 

1人6匹、4齢の幼虫から蚕になるまで育て上げます。

1人、6匹も!!!

あら…どうしましょ…。

 

私は、3匹頂きました。

一応、名前を付けました。

大きいのからニコラス、ハリー、スーザンです。

立派な日本の蚕の幼虫ですが、なんとなく、外人さんの名前を付けてみました。

見た目が全く同じなので…。どの子がどの子か良くわからないのが…悩みです。

 

エサはこれ。桑の葉。柔らかい葉だけ食べるらしい…。

朝に1回、夕方1回、 お蚕さんは1日2食です。

 

 

もちろん、これは授業の一環として行われたもの。

今日は客員教授の伊豆蔵明彦先生をお招きして、

蚕の素晴らしさ

生と死の深さ

について教えて頂きました。

 

 

赤いお帽子にサングラスをつけていらっしゃるのが、伊豆蔵先生。

授業終了後、先生は大きな鞄を抱えて、ハワイへ。レクチャーのために旅立たれました。

「先生、蚕に何かあったら私達は一体どうしたら良いのでしょう…。」

とにかく、頑張って育てろと言う事でしょうね。

 

みんな、頑張ろう!

 

副手ホンダ

 

<561562563564565>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。