こども芸術学科

ニュース

  • LINEで送る

2013年3月16日  ニュース

幼稚園にお嫁入り!?|こども芸術学科ニュース


嬉しいニュースが一つありました!先日の卒展で学科賞となった中村美由紀さんの作品が、卒展開期中に、縁あって香川県高松市の幼稚園に購入されることになりました!



中村美由紀作品


中村さんの作品は三枚組で、合わせると高さ180cm、幅270cmの大作です。1年生の時に造形表現IIの課題で取り組んだ石膏版画技法との出会いをずっと温めながら、卒業制作では巨大なフレスコ画に仕上げました。

中村さんは、日々の生活の中で感じてきた思いをなんとかかたちにしようと、なんども失敗を繰り返しながら、必死で頑張ってきました。朝早くから、夜遅くまで、教室に誰もいなくなってもひたすら制作していました。卒業制作は手塩にかけた、我が子同然の作品です。

赤帽さんの軽トラックに、そんな思い入れの詰まった作品を積み込み見送った中村さん、

「思ったよりやっぱりさみしいですね。」とぽつり..

その気持ち、痛いほどよく解ります…
でも、自宅に持ち帰ってひっそりしまわれることを考えたら、選んでもらった作品と作者は、なんと幸せなことでしょう。そして、一生懸命にやったことは、誰かがちゃんと評価してくれるということが、何より励みになったのではないでしょうか。

今回は、展示できる壁面がそう広くないということで、三枚組の左側1点だけを幼稚園に飾っていただくことになったのですが、中村さんの絵を見て、子ども達がどんなかたちや色を発見し、どんなことを感じてくれるのか。毎日、毎年、この作品がたくさんの小さな子ども達と出会っていくことを想像すれば、寂しさは束の間です。

4月からはいよいよ社会人ですね。慣れるまでは大変だと思いますが、働きながら、制作もぜひ続けてくれれば、きっとまたステキな出会いがあると信じています。フレー、フレー、中村さん!


(森本玄/絵画)

関連記事

<390391392393394>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。