映画学科

二日間の体験授業型オープンキャンパスが行われました。

去る7/27(土)と7/28(日)に、体験授業型のオープンキャンパスが行われ、映画学科のスタジオのある高原校舎にもたくさんの方々が来場し、授業に参加していただきました。

 

 

映画製作コースの体験授業は、在校生俳優コースの皆さんの演技をカメラとマイクで「見つめる」「耳をそばだてる」という授業を行いました。

 

 

俳優コースの体験授業は、テキストを元に「役を演じるとは?」というタイトルで、皆さんに実際に役を演じてもらいながら、演技の考え方を拡張する授業を行いました。

 

 

どちらのコースの授業も、演技をはじめとして目の前で起きる事をしっかり「見つめ」「耳をそばだてる」事が、映画づくりの根幹になることをお伝えしました。演技や演出は、想像の余地を常に探し続け、自分の心が面白いと思える瞬間をキャッチすることが大事だと気づいてもらえたら嬉しいです。いかがだったでしょうか。9月に行われる「体験型選抜入試I型」の参考にもなれたらと思っています。

 

 

この二日間に来場くださった皆様、ありがとうございました!

 

 

<678910>