マンガ学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年12月5日  授業風景

【授業紹介】マンガII ~紙芝居!~

こんにちは。副手の齋藤です。

 

今回はマンガⅡ授業の様子をご紹介したいと思います。

 

マンガⅡは、なんと紙芝居を学ぶ授業です!

 

人間力増幅装置としての紙芝居。

4コマ紙芝居の機能と、その可能性をテーマに行われています。

 

デジタルな世の中だからこそ、求められるアナログ紙芝居。
読み聞かせでなく、双方向で人と向き合う事によって、引き出し引き出される人間力 !

 

自分が人生の主人公である自覚を持ち、
紙芝居を通し、漫画を通し、人々に感動を伝える主人公力を身につける ことが

この授業の到達目標です。

 

この授業をご担当されているのは、

ヤッサン一座のだんまる先生!

http://www.kamishibai-y.com/

 

京都国際マンガミュージアムなど、様々なイベントで活躍されている先生です。

 

 

授業では、学生たちの紙芝居口演が行われています…!

自転車もあって本格的です!

 

 

P1070694 P1070690

 

 

 

 

 

 

学生たちが描いた紙芝居たち。

 

 

P1070675

 

 

 

 

 

ただ話すだけではなく、手振り身振り、表情の表現もついています!

 

P1070679

 

学生たちは普段、机に向かって作品は描いていますが

描いたものを、自分で声に出して表現するのは皆はじめての体験です。

 

ですが、みんな生き生きと発表していてびっくりしました!

 

 

 

 

 

まだまだ、紙芝居の授業ははじまったばかり。

今後、学生たちの紙芝居がどう成長していくのか楽しみです!

 

 

関連記事

<320321322323324>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。