キャラクターデザインコース

株式会社コナミデジタルエンタテインメント様のゲーム企画授業Part2

6月24日(土)、ゲーム開発の大手企業である株式会社コナミデジタルエンタテインメントによる二回目の特別授業を実施していただきました。

4月に行った一回目の授業では、企画書の構成の仕方と伝え方のレクチャーでした(一回目の記事はこちら)が、今回はその成果物としての企画書のプレゼンテーションを行い、そのフィードバックをいただきました。

レクチャーを受けるゲームゼミの学生たち

 

ゲームの企画書作りに慣れていないうちは、どうしても「何をするゲームなのか」を伝えることに力が入ってしまったり、細かいストーリーやキャラクターの設定を書いてしまいがちなのですが、ゲーム企画で一番大事なことは強いコンセプトと「何が面白いのか」のポイントをしっかり伝えること。ここが曖昧になると面白さが伝わらなくなってしまうので、今回は二か月に渡り、オンラインでの個別指導も含めて、企画の骨子を太く丈夫なものにする指導をしていただきました。

その指導のおかげで、それぞれにブラッシュアップを行うことができ、中にはプレイヤーのテンションまでも伝わってきそうな面白い企画書としてまとめた学生もおり、確実に強化訓練の成果が得られていました。

 

最後にはゲーム業界を目指す上でのとっておきのアドバイスもあり、更に最後には修了証までいただき、ゲームプランナーを目指す学生たちにとって大きな自信になったのではないかと思います。

<6566676869>