映画学科

イベント

  • LINEで送る

2014年3月12日  イベント

S.T.E.P.上映会 4回生 坂西未郁監督『すこしのあいだ』上映のご案内。

3月13日(木)〜3月16日(日)の4日間、東京の「新宿ミラノ3」にて
『S.T.E.P.(Superior,Tremendous,Energetic and Pregressive)
  —大学連携による映画人育成のための上映会—』 が開催されます。

 
STEP案内
12大学からそれぞれ、
次世代を担う映画人となるべく、情熱をかたむけ、強い気概を持って創造された12作品が上映されます。
映画学科からは、4回生監督コースの坂西未郁くんが3回生の時にゼミで制作した『すこしのあいだ』が参加します。

 
3_すこしのあいだ

 
『すこしのあいだ』(坂西未郁監督/8分/2013年)小学生の男の子と女の子が公園でひと時を過ごすという内容。
昨年、学生作品のコンペとしては今もっとも注目されている「INTERNATIONAL STUDENTS CREATIVE AWARD 2013(略称ISCA/イスカ)」にて最優秀作品賞(グランプリ)を受賞した作品です。
授賞式では審査委員長の宇川直宏さんから「内容も技術も質の高さに驚いた」という評価をいただきました。

 
入場無料ですのでお近くの方はぜひこの機会にご覧ください。
詳細は、下記の上映スケジュールとプログラムをご確認ください。
 
STEPスケジュール
 
STEPプログラム

関連記事

<962963964965966>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。