映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年3月25日  ニュース

松下先生脚本ドラマ『天才脚本家 梶原金八』まもなく放送です。

昨日無事にクランクアップを迎えた、北白川派第6弾『二人ノ世界』の脚本家で

映画学科非常勤講師の松下隆一先生が

新たに脚本をご担当されたドラマをご紹介します。

 

04

CSドラマ『天才脚本家 梶原金八』

 

昭和9年、日本が時代劇映画の最盛期を迎えている頃。
無名にもかかわらず、洗練された脚本でヒット時代劇を連発し、
京都太秦で噂の的となった若手脚本家梶原金八。
実は「梶原金八」とは、太秦の若手映画人たち8人が結成した架空の人物であった。
彼ら8人の青春を描きながら、
当時の時代劇映画の潮流や太平洋戦争の哀しみを描く、ユーモアとペーソス溢れる物語。

 

この作品には映画学科からも4名の学生がスタッフとして参加させていただきました。
新2回生 藤井光咲さん (助監督・サード)
新2回生 米倉伸さん (撮影・サード)
新4回生 阪口和さん (録音)
新4回生 奥山哲正さん (美術助手)

 

4名の働きぶりは現場でもなかなかの評判だったようです。
松下先生の素晴らしい脚本と、学生たちの頑張りがつまった『天才脚本家 梶原金八』お楽しみに!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

CSドラマ『天才脚本家 梶原金八』

放送は、3月29日(日)20:00〜 時代劇専門チャンネルにて放映

(4月5日13:00/4月26日(土)7:00再放送決定)

詳細は公式サイトでご確認ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

<932933934935936>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。