映画学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年4月13日  授業風景

新入生「映画基礎Ⅸ」授業開始

新入生が全員参加する「映画基礎Ⅳ」の授業が始まりました。

 

0413-1

 

この授業は去年から始められた試みで、映画の基礎を教室で学ぶ前にとりあえず映画を作ってみようと言うものです。
映画作りの楽しさと、何が足りないのか、これから何を学べばよいのかを発見するための授業です。

 

0413-2

 

授業の前にアイスブレイクでコミュニケーションを図り、「七つの能力」についてグループ・ディスカッションで活発な意見交換をしました。

 

0413-3

 

その後この授業の概要、流れなどを説明され、午後からはいよいよシナリオ作りに入って行きました。
さてどんな映画が出来るか今から楽しみです。

関連記事

<956957958959960>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。