文芸表現学科

日常風景

  • LINEで送る

2014年4月16日  日常風景

新入生キャンパスツアー

 
今年は35名の新入生が文芸表現学科に入学してくれました。
皆さん、入学おめでとうございます。
さっそくですが、キャンパスの全体像や、これからよく利用する場所を覚えてもらうために、新入生向けのキャンパスツアーを行ないました。
 
140414_02
まずは研究室から。学生が自由に過ごせるスペースや、パソコンルーム、ミーティングのためのプロジェクトルームなどがあります。また、事務室カウンターや、教員ブースも一緒にあるので、これからさまざまな相談や手続き、あるいはなんでもないお喋りのためなどで訪れることになる場所です。
 
140414_01
教務窓口や学生窓口、そしてキャリアセンターなども順番に見ていきます。旗をふって先導しているのは、今春から文芸表現学科の副学科長になった君野隆久先生です。その隣でハンチング帽を被っておられるのが、新しく着任された校條剛学科長です。お二人のことは、またあらためてご紹介しますね。
 
140414_03
京都造形芸術大学のキャンパスは、山の斜面にあるので、
こうした階段をずーっと登っていきます。
 
140414_04
(ほぼ)いちばん上に位置する松麟館屋上に到着しました。
この日は少し肌寒かったのですが、桜が満開で良い眺めでした。
この屋上からは、京都市街が一望できます。
 
140414_05
さいごに全員で記念撮影! このあと、新入生歓迎のお花見が予定されていたので、「お花見にいくぞー!」というかけ声でポーズをとりました。
これから4年間、このキャンパスで楽しく過ごし、しっかりと学んでください。

 
 
(文・スタッフ 竹内里実)

関連記事

<257258259260261>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。