マンガ学科

授業風景

  • LINEで送る

2011年10月14日  授業風景

編集者にネームを見てもらおう

マンガ学科は後期が始まってから、立て続けに大事な授業が展開されています。
今日は集英社から少女・少年マンガの編集長・編集者の方々にお越しいただきました。
しかも各雑誌の編集者の方が6名、編集長や役員の方が3名という大所帯で!!
マンツーマンで学生が描いているネームや原稿にアドバイスを頂きました。

 

chayamanga_blog_612_0_t chayamanga_blog_612_1_t chayamanga_blog_612_2_t chayamanga_blog_612_3_t chayamanga_blog_612_4_t chayamanga_blog_612_5_t
持ち込みや何らかの形で直接編集者の方に自分のマンガを見てもらうのは
初めてだという学生がほとんどだったので、良い経験ができたのではないかと思います。
いきなり自分ひとりで持ち込みに行こうとしても躊躇してしまうだろうけど、
一度プロの編集者の方に見てもらった経験があれば、
次から一人で持ち込みに行くときにもハードルは低くなるんじゃないかな。

 
余談ですが、編集者の方って本当に『働きマン』みたい!とひとり心の中で思っていました。
(他社のマンガですみません)

 
集英社様とは、今後も年に数回連携授業を行っていく予定ですのでお楽しみに。

関連記事

<501502503504505>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。