マンガ学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年5月23日  授業風景

【授業紹介】アシスタント演習I

こんにちは。

マンガ学科副手の齋藤です。

 

今日は3回生『アシスタント演習I』の授業風景の紹介をしたいと思います。

 

『アシスタント演習I』では、授業の名前の通り

基本技術の復習と背景作画を学び、プロ漫画家の原稿仕上げていきます。

 

授業でプロの漫画家さんが来て下さったり、

この授業を通して、アシスタントとして通用する技術を身に付けた学生は

集中授業で実際にアシスタントに行くこともできます。

 

 

今回は、客員教授の木村直巳先生が来て下さった授業風景をご紹介します!

 

P1080622

 

木村先生の漫画1ページをお借りして、

アシスタント演習の開始です。

 

はじめに、木村先生からこのマンガの設定

このページの状況などの説明を聞きます。

 

 

P1080625

 

今回は和室の背景を描く、ということで

人物のみ描かれた複製原稿を頂き、

先生の指示書と、資料写真を見ながら背景を描いていきます。

 

P1080642

 

P1080643

 

P1080644

P1080646

 

P1080645

 

 

みんな黙々と作業をしていました!

 

 

ちなみに、木村先生が描かれた実際の原稿が完成してゆく様子はこちらです。

 

 

P1080633

 

P1080634

 

P1080637

 

そして、完成原稿がこちら!

 

 

P1080638

 

やっぱりプロの漫画家さんの原稿は迫力が違います…!

学生達もじっくり見ていました。

 

P1080631

 

 

このように実際のプロの漫画家の先生の原稿に、直接先生からのアドバイスを聞きながら

ペンを入れられる貴重な授業です!

 

学生達にはたくさんのことを吸収してほしいです。

 

木村先生、本日はありがとうございました!

 

 

 

関連記事

<320321322323324>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。